詳しくはこちら

「 暮らし上手のビン、カゴ、布 」

メールマガジン登録募集中

伯母直美さんが作る今週のレシピ

サンマの棒寿司

40分

巻きすで手軽に作れる本格寿司

脂ののったサンマを酢〆にした棒寿司は秋に食べたいごちそう。巻きすを使えば自宅で手軽に作ることができる。ご飯には大葉とミョウガをアクセントに加え、香り良く仕上げて。

(材料)2人分

サンマ
…1尾(三枚におろしてある刺身用のものでもOK)
塩、米酢
…各適量
…1カップ
昆布
…5cm角1枚
…大さじ2
<A>
 米酢
…大さじ2と1/3
 砂糖
…大さじ1
 塩
…小さじ3/4
<B>
 大葉(みじん切り)
…5枚
 ミョウガ(みじん切り)
…1個
 煎りごま
…大さじ1~2

甘酢ショウガ
…適量

作り方

1

米を炊く

米を通常の水加減で昆布と酒を入れて炊く。炊き上がったら、合わせたAを加え、混ぜる。

2

寿司飯を作る

寿司桶に1を移し、切るようにご飯を薄く広げる。ひと肌に冷めたらBを混ぜ合わせる。

3

サンマを酢で〆る

サンマは三枚におろし、多めに塩をして15分置き、水洗いして塩を落とす。水分を切り、酢に漬ける(最低20分)。サンマの皮をむき、骨を抜く。

4

棒寿司を作る

巻きすにラップを敷き、サンマの皮目を下にして置き、すし飯を棒状にしたものをサンマの上にのせて巻く。

5

盛り付ける

ひと口大に切ったサンマ寿司を盛り付け、甘酢ショウガを添える。

ここが我が家流

酢で〆た魚は、保存性が高まり、旨味もアップ。サンマの他にアジやイワシ、ままかりなど青背の魚でいつも作っているのだそう。お寿司にする他、野菜と和えればさっぱりと美味しい一品になる。

副菜メモ

箸休めの一品を添えて

お寿司の箸休めにぴったりなのが甘酢ショウガ。薄切りに切った新ショウガを熱湯でさっとゆで、熱いうちに甘酢に漬ければ完成。口の中がさっぱりとして、お寿司をいっそう美味しく食べられる。

point

酢は熱々のご飯に混ぜる

寿司酢をご飯にまんべんなくなじませるには、熱々のご飯に混ぜるのがポイント。炊き上がったら炊飯鍋に直接寿司酢を入れても大丈夫。

あなたにおすすめ

ページトップへ