TRAVEL

学びと食のリゾートトリップへ。― グアムのチャモロ文化を訪ねる ―

2018/05/02

GWを目前に控え、夏の予定も考え始めたいこの時期。

日常を忘れ、リゾートに出るなら、学びと食をテーマにしてはいかがだろうか。

年に1度は訪れるというグアムファンのモデルEMIさんが

日本から約3時間半のリゾートトリップへと旅立った。

 

グアムで最も楽しい無人島 「COCOS ISLAND RESORT」

 

_z0a1629re_z0a1612re

周囲をラグーンに囲まれたココス島は、グアムの南端に位置し、ボートで10 分ほどかけて訪れる無人島。パラセイリングやジェットスキー、シーウォーカーなど海で楽しむアクティビティのほか、グアム固有のココバード、ヤシガニやイグアナなど貴重な生き物と遭遇できるジャングルツアーもある。EMIさんたちも普段は出合えない生き物や植物に触れ、グアムの文化と歴史を学び楽しんでいた。

 

しさがんだ奇跡けん「MALIKAI」

 

_z0a2032re2018-03-02-11-23-50re

移住して9年のマリさんが作るオーガニックな石けん「MALIKAI」はグアムでしか買えないお土産のひとつ。着色料、香料、酸化防止剤、パームオイルを含まない自然派の石けんだが、低刺激&高洗浄力。実は次男のアトピーに悩まされていたマリさんが地元の人から言われた「自分で作ったら?」という助言がきっかけ。当初はおすそ分けのみ。口コミとブログで広がり、ついには免許を取得。積極的なPRを行わないまま、無理せず作れる量のみ販売する。お買い求めは下記のシュガー・クッキーへ。

 

チャモロのローカルフード「フィナデニソース」の黄金比

 

_z0a0928re_z0a0982re

グアムに滞在経験のある人ならだれでも知っているであろう「フィナデニソース」。日本人にも非常になじみ深い、醤油とお酢を混ぜたグアム版ポン酢だ。家庭によって、味わいが異なるのが特徴で、その黄金比を学ぶべく、EMIさんは「グアムBBQカンパニー」を訪ねた。グアム各地でキッチンカーにて食事を提供しているプロの味を覚え、いつでもグアムを思いだせる最高のフィナデニソースを教えていただいた。

 

【RECIPE】

材料(作りやすい分量)

・ミニトマト…7~8個程度

・玉ねぎ…中1/2個

・青ネギ…大さじ2

・唐辛子…大さじ1と1/2(お好みで)

・醤油…120㏄

・酢…120㏄

・レモン、カラマンシーなど柑橘類…適宜

 (酢は柑橘類で代用でもよい)

 

1 ミニトマトは4つに切り、玉ねぎは半月切り、青ネギは小さめの小口切り、

      唐辛子はみじん切りにする。

2 1をボウルに入れ、醤油、酢を加えて、とにかくよく混ぜる。

3 レモンやカラマンシーなどの柑橘類を適宜加え、よく混ぜる。

 

リアルな食文化体験する

 

_z0a9566re

せっかくグアムまで来たのだから、ローカルの食文化を味わいたい。ただ美味しいと評判の店に行くだけでなく、朝市やスーパーで観光向けじゃない普段のグアム、さらには歴史的なチャモロの食文化までも体験することで、真のグアム文化を身体ごと味わいたい。

 

【GUAM SPOT DATA】

■ONWARD BEACH RESORT

????????????????????????????????????

グアムプレミアムアウトレットにほど近いタムニングエリアにあるオンワードビーチリゾート。数あるグアムのリゾートホテルの中でも、ウォーターパークの充実度が高い。客室の広さも人気でファミリーだけでなく、どの世代も楽しむことができる。大人が楽しむためのマリンスポーツや系列ゴルフ場なども用意されている。グアムで唯一、屋根付き幼児用プールがある。

445 Governor Carlos G.Camacho Rd.,Tamuning TEL:671-647-7777

ツイン450ドル~

www.onwardguam.com/hotel/

 

■Hotel Nikko Guam

_z0a9845re

時間的にも心理的にも気軽なリゾート地であることこそが、グアム最大の魅力。そのグアムの魅力を体現しているのが、ホテル・ニッコー・グアムだ。日本語対応スタッフが多く、言葉の面での不安を解消してくれるのは嬉しいポイント。あくせくアクティビティに勤しむよりも、ゆっくり滞在を楽しむなら、客室はプレミアルーム以上を。プライオリティサービスが付帯するため、きめの細かい滞在サポートを堪能可能だ。

245 Gun Beach Rd.,Tumon TEL:671-649-8815

シングル・ツイン 345ドル~

www.nikkoguam.com

 

 

■ココスアイランドリゾート

_z0a1433re

ホテルを出発し、船の発着場まで着いたら駐車場に車を停め、1時間おきに発着する船で島へ向かう。わずか10分の乗船時間が、さらに旅気分を盛り上げる

TEL:671-646-2825 営業時間:9:30~16:30

http://www.cocos-island.jp/main/

 

■シュガー・クッキー

_z0a0808re

現在、シュガー・クッキーで販売している「MALIKAI」の石けんは計6 種類。12ドル程度。その他、オイルやバームも展開しているが、日本へは犬用のみ輸出される

 

1225-12758 Pale San Vitores Rd.,Tumon

(ザ・プラザ ロビー階) TEL:671-649-3546 

営業時間:10:00~23:00 無休 

https://sugarcookieguam.wordpress.com/

 

■デデドの朝市

_z0a1217re

タモンの北に位置するデデドでは毎週土日の早朝に朝市が行われ、地元野菜やローカルフードが味わえる

144 West Santa Monica Avenue, Dededo

営業時間:6:00~9:00

(土日のみ開催)

 

■ペイレス・スーパーマーケット

_z0a9696re

ローカルが日常的に通う、いわゆるスーパーマーケット。店舗数が多く、ローカルの普段の暮らしが伺える

445 Gov Carlos G Camacho Rd,Tamuning TEL:671-646-9301

営業時間:24時間 無休

www.paylessmarkets.com

 

■グアム歴史村 イナラハン ゲフパゴ公園

_z0a0689re

昔のチャモロ文化を現代に伝える郷土文化施設。ココナッツキャンディのほか、リーフクラフトや塩作りなどを体験可能

Inarajan Village, Inarajan TEL:671-828-1671

営業時間9:00~12:00 ※要予約(※12:00~17:00は入園のみ可能)

入園料:大人10ドル、子ども( 4~11歳) 5ドル 日曜定休

 

■リトルピカズ

_z0a0379re

超人気店が中心部に2号店をオープン。アクセスの難しい本店に対し、昨年11月開店の2号店はアクセス良好でローカルが認める本店と同じ味

1300 Pale San Vitores Rd.,Tumon TEL:671-647-7522

営業時間:朝食7:30~11:00、ランチ・ディナー11:00~22:00 金、土曜~23:00 無休

https://www.facebook.com/pikascafe

 

 

モデル=EMI 写真=樋口勇一郎 スタイリング=中村祐三 文=編集部

協力:グアム政府観光局=www.visitguam.jp コーディネート=GuamTV Productions inc.

model:EMI photo:Yuichiro Higuchi styling:Yuzo Nakamura text:Kurashi