今日の晩ごはん

タイ風鶏のせごはん(カオマンガイ)

調理時間
60分

鶏の旨味を丸ごと味わえる

鶏のゆで汁で炊いたご飯の上にふっくらとジューシーにゆでた鶏をのせていただく東南アジアの定番料理。魚介の独特の香りがするナンプラータレが後を引く美味しさ。

材料 ( 4〜5人分 | 作りやすい分量 )

  • タイ米(または、普通の米) …2合
  • 鶏もも肉 …2枚
  • ショウガ(薄切り) …5枚
<A>
  • ニンニク(みじん切り) …1片分
  • 油 …大さじ1
<B>
  • 香菜の根 …1株分
  • ショウガ(みじん切り) …小さじ1
  • 塩 …小さじ2/3
  • 香菜 …1株
  • トマト …1個
<タレ>
  • 味噌・スープ(鶏のゆで汁) …各大さじ3
  • 酢 …大さじ1
  • ナンプラー …小さじ1
  • ニンニク(すりおろし) …適量
  • ショウガ(すりおろし) …適量
  • ココナッツシュガー(または砂糖) …小さじ1と1/2

作り方

1 鶏肉を煮る
鍋に水3カップとショウガの薄切り、鶏肉を入れて中火で加熱する。沸騰したらごく弱火でアクをすくいながら20~30分煮る。火を止めてそのまま冷ます。
2 ニンニクを加熱する
小鍋にAを入れて、香りが立つまで弱火で加熱する。
3 米を炊く
タイ米はさっと洗って炊飯器に入れ、1のスープを360ml入れる。2とBも加えて炊く。
4 仕上げる
器にご飯を盛り、食べやすく切った1の鶏肉をのせる。ざく切りにした香菜とトマトを添えて、タレの材料をすべて混ぜ合わせ、肉の上にかけていただく。

Point

  • 鶏肉は弱火で煮る

    香りをよくするためショウガと一緒に、全体にじっくりと火が通るように弱火で加熱し、ダシをとる。

  • 本場の味に近づけるために、お米はタイ米をチョイス。味が染み込みやすく、またさらさらしているのでしっとりと仕上げた鶏肉とも相性抜群。通常の白米で作る場合はやや少なめの水で炊いて。

副菜 memo

副菜もタイ料理で異国情緒アップ

青パパイヤのサラダ(ソムタム)を、青パパイヤと食感が似ている切干大根を使ってより作りやすく。「日本の食材でもナンプラーやライムなどで味付けすると手軽にタイ風の味付けになります」