今日の晩ごはん

豚肉と長芋の豆鼓蒸し

調理時間
35分

豆鼓(とうち)とニンニクでパンチの利いた味わいに

黒豆を発酵させた豆鼓の濃厚な旨味は、クセになる美味しさ。肉汁あふれる豚肉にシャキッとした軽やかな長芋がよく合います。ご飯はもちろん、ビールが進むおかずです。

材料 ( 2人分 )

  • 豚ロース肉(トンカツ用) …2枚(約300g)
  • 長芋 …250g
  • 香菜 …1株
A
  • 豆鼓醬 …大さじ1
  • 醤油 …小さじ2
  • 紹興酒(なければ酒) …小さじ1
  • オイスターソース、砂糖 …各小さじ1/2
  • ニンニク(みじん切り)、ショウガ(みじん切り) …各1/2片分
  • 片栗粉 …大さじ1

作り方

1 下ごしらえをする
豚肉は一口大に切る。ボウルに豚肉、混ぜ合わせたAにからめて約10分置く。長芋は皮をむいて1cm厚さの輪切りにする。香菜は粗く刻む。
2 蒸す
1のボウルに片栗粉を加えて混ぜる。皿に長芋を広げてのせ、真ん中に豚肉をのせる。蒸し器に入れて強火で約20分蒸す。
3 仕上げる
蒸し器から皿を出し、香菜をのせる。

Point

  • 豆鼓醤を使う

    黒豆を発酵させた調味料・豆鼓醬は濃厚な旨味と、まろやかなコクが特徴。肉や魚の下味をして使うと味が決まりやすく、味に深みがでる。高山さんは香港で買ったものを愛用。

  • 片栗粉は後から加える

    片栗粉は調味料を吸ってしまうので、肉に味がしっかりとなじんでから、蒸す直前に肉に絡ませるのがポイント。

副菜 memo

やさしい味わいのスープを

濃厚なおかずにはやさしい旨味を利かせたスープを添えて、メリハリのある献立に。鶏ガラスープに豆苗、ミニトマト入りのスープを。仕上げにたっぷり粗挽き黒こしょうを振って。

サラサラ床で暮らしをもっと気持ち良く 床拭きロボット『Braava(ブラーバ)』を体験! 暑い日には“さっぱり”をプラス 爽やかさが決め手のレモンレシピ