今日の晩ごはん

ワンタンとレタスの鍋

調理時間
15分

みんなで盛り上がれる即席お鍋

ダシ取り不要の簡単お鍋。お湯にナンプラーを入れるだけで、あっという間に美味しい鍋ベースが完成です。ワンタンの具材からもいいダシが出るので、食べ応えも十分。

材料 ( 2〜3人分 )

  • レタス …1玉
  • ワンタンの皮 …1袋(約30枚入り)
  • ナンプラー …大さじ2
  • 好みで香菜 …適量
[肉だね]
  • 豚ひき肉 …150g
  • むきエビ …100g
  • 長ネギ(みじん切り) …7センチ分
  • ショウガ汁 …小さじ2/3
  • ごま油 …小さじ2/3
  • 片栗粉 …大さじ1
  • 塩 …小さじ1/3
  • こしょう …少々
<つけダレ>
  • 酢 …大さじ1
  • 醤油 …大さじ3
  • ごま油 …小さじ1/2
  • 豆板醤 …豆板醤
  • 砂糖 …2つまみ

作り方

1 材料の準備
レタスは食べやすい大きさに手でちぎって皿にふんわりと盛り付けておく。ワンタンの皮は小皿にのせておく。香菜は細かく刻む。
2 肉だねを作る。
むきエビを包丁で叩いて粘り気を出し、食感が楽しめるようエビの食感が残る程度のところで他の具材と一緒によく混ぜ合わせ、小鉢に盛り、スプーンを添える。
3 つけダレを作る
つけダレの材料をよく混ぜ合わせてそれぞれの取り皿に分けておく。
*つけダレには練りゴマやラー油を合わせることも可能です。
4 鍋を作る
鍋に湯を2リットル沸かし、ナンプラーを加える。手のひらにワンタンの皮一枚を広げ、肉だね適量を中央にのせて三角に折ったら湯に放つ。肉だねの色が変わってわんたんが透き通ってきたらゆであがり。レタスも湯に放ち、5~10秒で緑が色鮮やかになったらすぐ取り出す。一緒に取り皿のタレにつけていただく。好みで香菜と一緒にいただく。
※ワンタンは各自が作りながらお鍋をいただくスタイル。

Point

  • エビは細かくなりすぎないように刻む

    プリプリの食感が楽しめるよう、エビは叩き過ぎない程度に刻む。フードプロセッサーを使ってもOK

  • ナンプラーは旨味調味料なので、水に加えるだけでダシとして活用できる。わざわざダシ用に食材を揃える手間が省け、オリジナル料理も作れて一石二鳥だ。

副菜 memo

和え物やサラダなどシンプルな副菜を

ナムルやごま和え、豆腐のサラダなど、お鍋の途中で箸休めとして食べられる副菜を。「叩きキュウリと豆腐、ザーサイの和え物などのシンプルな副菜がよく合うと思いますよ」と植松さん。