今日の晩ごはん

新ジャガと手羽元のハーブ焼き

調理時間
45分

マリネ液で肉汁をしっかり閉じ込めて

実は忙しいときに便利なのがオーブン料理。肉、野菜をマリネ液に浸けて焼くだけだから、手間いらず。ねっとりとした新ジャガ特有の食感に、爽やかなローズマリーやレモンの風味がよく合います。

材料 ( 2人分 )

  • 新ジャガイモ …4個(約200g)
  • 手羽元 …6本
  • 紫玉ねぎ …1/4個
  • ミニトマト …6個
  • グリーンオリーブ …8粒
  • 塩、砂糖 …各小さじ1/2
〈マリネ液〉
  • ニンニク …1片
  • レモン(薄切り) …2枚
  • ローズマリー …2本
  • オリーブ油 …大さじ3
  • バルサミコ酢 …小さじ1
  • 粗挽き黒こしょう …少々

作り方

1 下ごしらえをする
手羽元は切込みを入れて、塩、砂糖をすり込む。ジャガイモはよく洗って皮付きのまま半分に切り、紫玉ねぎは2cm幅のくし形切りにする。マリネ液のニンニクは半分に切って芯を取る。
2 マリネ液に漬ける
ポリ袋に手羽元、マリネ液の材料をすべて入れ、軽くもむ。そのまま約15分置く。
3 焼く
2にジャガイモ、紫玉ねぎ、ミニトマト、オリーブを加えてさっと混ぜ、耐熱容器に広げ入れる。250℃のオーブン(または両面焼きグリル)で20〜25分、全体に焼き色がつくまで焼く。器に盛り、粗挽き黒こしょう少々(分量外)を振る。

Point

  • マリネ液に浸けてもむ

    下味をつけた鶏肉は、ハーブやオリーブ油を合わせたマリネ液を軽くもみ込み、しばらく置く。あとはオーブンで焼くだけなので手間いらず。マリネした肉の袋に切った野菜を加えて混ぜれば、野菜に味が絡まり、洗いものも少なくて済む。

副菜 memo

フレッシュな野菜を

オーブンで香ばしく焼き上げた主菜には、生野菜を。ベビーリーフと薄切りにしたセロリにヨーグルト、マヨネーズ、粒マスタードを混ぜたドレッシングをかけて召し上がれ。

みんな大好き!パターンいろいろ!アイデアカレーレシピ