今日の晩ごはん

空豆とミョウガの炊き込みご飯

調理時間
30分(米の浸水時間は除く)

炊きあがりの豊かな香りを楽しんで

塩と酒だけでこんなに美味しいのは、香り高い野菜を組み合わせているから。炊きたてをほおばりたい一品。

材料 ( 4人分 )

  • 米 …2合
  • 空豆 …10本
  • 塩 …小さじ1と1/2弱
  • 昆布 …5cm
  • 酒 …大さじ3
  • ミョウガ …3本

作り方

1 下ごしらえをする
米は研いでざるにあげ30分ほどおく。空豆はさやから外す。
2 米を炊く
鍋に米、水360ml、塩、昆布、酒を入れて、中火で加熱する。煮立ってきたら弱火で15分火にかける。蓋をあけ、空豆を入れてまた蓋をして10分蒸らす。ミョウガをほぐしさっくり混ぜ合わせる。※炊飯器の場合は、水と酒を合わせて2合の表示通りになるように入れて炊く。炊きあがったら保温を切らないまま空豆を入れて同じように10分蒸す

Point

  • 空豆を入れる

    好みで食べやすいように半分に割った空豆を、火を止めて米を蒸す直前に入れて、余熱で加熱する。

  • 春から夏にかけて旬を迎える空豆と、真夏にもっとも美味しい時期を迎えるミョウガ。ともに香りが抜群に良い食材なので、ダシで炊きこまなくても食材の味と香りが引き立つ風味豊かな一品になる。

副菜 memo

季節の野菜を堪能する

副菜にも季節の野菜をたっぷりと使って、季節の食材を楽しむ晩ごはんにするのもおすすめ。ご飯が薄味なので、副菜はかぼちゃやなすなどの夏野菜の揚げ浸し(または焼き浸し)などがぴったり。