今日の晩ごはん

ゆで豚ともやしの香味だれ

調理時間
70分(漬け時間を除く)

ピリ辛のタレでご飯が進む

ピリ辛のタレに、エゴマの葉がアクセントになって、ご飯が進む味です。おつまみにもぴったり!仕上げに散らす花椒の代わりに、すりごまで仕上げると、ややマイルドな味付けに。

材料 ( 3〜4人分 )

  • 豚肩ロース焼豚用(豚バラでも可) …500g
  • もやし …1袋
  • エゴマの葉 …4枚
  • 塩 …小さじ1
  • 花椒 …少々
<A>
  • 水 …5カップ
  • 紹興酒 …1/2カップ
  • ニンニク …1片
  • ねぎの青い部分、生姜の皮 …適量
<タレ>
  • 黒酢 …大さじ1/2
  • ラー油 …小さじ1/2
  • きび砂糖 …小さじ1
  • 醤油 …大さじ1と1/2
  • おろしニンニク …小さじ1/8
  • すりごま …小さじ1

作り方

1 下準備をする
豚肉は水気をペーパーでふきとり、塩をすりこんでラップをし、冷蔵庫で30分以上おく(一晩おいてもOK)。
2 食材の下ごしらえ
もやしはさっとゆでる。エゴマの葉は細切りにする。<タレ>は混ぜておく。
3 豚肉を煮込む
鍋にラップをはずした豚肉、<A>を入れ強火にかける。沸騰したらアクを取り、蓋をして中弱火で40〜50分煮込む。火を止め、乾かないようキッチンペーパーで落とし蓋をしてそのまま冷ます。
4 盛り付け
粗熱が取れたら豚肉を切り、もやし、エゴマの葉を盛り合わせる。最後にタレをまわしかけ、花椒を散らす。

Point

  • 豚肉はゆで湯に浸けたまま冷ます

    豚肉はゆで湯に浸けたまま、キッチンペーパーを落とし蓋にして冷ますとしっとり仕上がる。また、焼豚用の豚肩ロース肉はネットがついたまま調理。煮込んでいるうちに肉がほぐれるのを防いでくれる。

副菜 memo

さっぱりとした副菜で夏らしく

がっつりとした料理には、さっぱりとした副菜を合わせると◎。小松菜など、青菜のごま和えや、オニオンスライスにかつお節とポン酢などを組みわせて。

料理家さんが教える! 炊き込みご飯のレシピ特集
毎日の料理をより美味しく、ヘルシーに! ワタナベマキさんに習う WMF「フュージョンテック ミネラル」を使ったお料理教室 イベントレポート