今日の晩ごはん

タコのみ焼き

調理時間
25分

ぷりぷりのタコが主役

細かく切ったタコの食感を楽しむ、お好み焼き。薄力粉と水を合わせたら泡立て器で手早く混ぜるのがコツ。ダマにならずなめらかな生地に仕上がります。

材料 ( 直径18cm2枚分 )

  • ゆでダコ …80g
  • キャベツ …150g
  • 豚バラ薄切り肉 …3枚
  • 角餅 …1個
〈生地〉
  • 薄力粉 …100g
  • 水 …100ml
  • 卵 …1個
  • 長芋 …50g
  • 太白ごま油(またはサラダ油) …適量
  • お好み焼きソース、マヨネーズ、かつお節 …各適量

作り方

1 具材を切る
タコは1cmの角切りにし、キャベツは粗みじん切りにする。豚バラ肉は5cm幅に切り、角餅は1cmの角切りにする。生地の長芋はすりおろす。
2 生地を作る
ボウルに薄力粉、水を入れて泡立て器で一気に混ぜる。卵、長芋を加えてさらに混ぜる。1のタコ、キャベツを加えてスプーンでさっくりと混ぜる。
3 焼く
フライパンに油を中火で熱し。豚バラ肉の半量を並べる。2の生地の半量をお玉で流し入れて円形に広げ、餅、チーズをそれぞれ半量散らす。焼き色が付いたら上下を返し、両面に焼き色が付くまで焼く。残りも同様に焼く。
4 仕上げる
器に盛り、ソース、マヨネーズをかけてかつお節をのせる。

Point

  • タコは小さめに切る

    どこを食べてもタコの味、食感が楽しめるように、タコは1cmに小さく切って、生地全体にまんべんなく行き渡らせる。

副菜 memo

食感や味でアクセントを

ソースとマヨネーズで定番の味に仕上げた主菜には、キムチやたたきキュウリなど、味、食感ともにアクセントになるものを合わせて献立にメリハリを。

壱岐ゆかりさんのフラワーアート講座「フラワータペスリーをつくる」応募受付中! kurashiのマナビ舎vol.03 がま口ポーチ講座 アンケートに答えると特別価格で参加のチャンス!尾田衣子さんの料理教室~GLOBALとGLOBAL-ISTを切り比べられます!~ カレーもおこわもワイン煮も!甘さを活かしたサツマイモレシピ