今日の晩ごはん

レンコンのエスニックきんぴら

調理時間
15分

大ぶりのレンコンが主役! パンに挟んでも美味しい

レンコンやピーマン、インゲンなど、野菜の食感を存分に楽しめる一皿。エスニック仕立てなのでご飯はもちろん、ピタパンなどに詰めて食べても美味しい。

材料 ( 2人分 )

  • レンコン …1節(200g)
  • ニンニク(みじん切り) …小さじ1
  • 鶏ひき肉 …100g
  • 赤ピーマン …2個
  • インゲン …8本
  • ごま油 …大さじ2
  • ナンプラー …適量
  • 砂糖 …少々
  • 塩 …適宜
  • サンチュ、サニーレタスなど …適量

作り方

1 材料を切って炒める
ピーマンは粗いみじん切り、インゲンは細かく切る。フライパンにごま油大さじ1をひき、ニンニク、鶏ひき肉、赤ピーマン、インゲンを炒め合わせる。火が通ったらナンプラー、砂糖、(塩)で濃い目に味付けし、一度皿に取る。
2 レンコンを炒める
レンコンは縦に4等分してから、細めで長めの乱切りにし、さっと水にさらす。フライパンにあらためてごま油大さじ1をひき、強火でれんこんを炒め、油が回ったら水を大さじ3入れ、レンコンに火を通す。塩で下味をつける。
3 さらに炒める
2に1を加え、さらに炒めてなじませる。
4 食べる
お好みで、サンチュやサニーレタスなどで巻いて食べる。

Point

  • レンコンは細めの乱切りにする

    レンコンは切り方で食感が変わる。乱切りにすると、ホクホクとシャキシャキの両方の食感が出る。

  • 浅見家では、サンチュやサニーレタスに、レンコンきんぴらとご飯を包んで食べることもあるそう。半分に切ったピタパンに詰めてサンドウィッチ風にしても楽しい

副菜 memo

副菜もエスニック風味で合わせる

鶏ダシを煮立てて春雨を加え、ナンプラーを少々とライムを絞ったスープや、カボチャやサツマイモなどの根菜のココナッツミルク煮など、副菜もエスニック仕立てのものを添えるとよい。