今日の晩ごはん

バルサミコ風味のポークソテー

調理時間
30分

フルーティなソースで洋風仕立ての一品に

バルサミコ酢のコクが活きた濃厚ソースが味の決め手。数種類のきのこをしっかりと乾煎りすることと、バルサミコの酢を飛ばし切るのがポイント。

材料 ( 2人分 )

  • 豚ロース肉(厚切り・トンカツ用) …2枚
  • きのこ(しめじ、まいたけ、えのきなど数種類組み合わせると良い) …2パック
  • 塩・こしょう …少々
  • バルサミコ酢 …大さじ3
  • 赤ワイン …大さじ3
  • オリーブ油 …適量
  • クレソン …1株
  • ラディッシュ …2~3個

作り方

1 肉に下味を付ける
豚肉は筋を切って肉叩きやラップを巻いた瓶等で少し叩き、塩、こしょうで下味を付ける。
2 きのこを焼く
きのこは石づきを除いて食べやすい大きさに切り、フライパンに入れて強火で煎る、水分が飛んで香りが立ったらいったん取り出す。
3 肉を焼く
2のフライパンに油を熱し、中火で豚肉を焼く。両面にこんがりと焼き色がついたら一旦取り出す。
4 仕上げる
フライパンにバルサミコ酢と赤ワインを入れて煮立たせ、アルコールと酸味が飛んだらきのこと豚肉を戻し入れ、ソースを絡める。蓋をして弱火で3分蒸し焼きにし、塩、こしょうで味を調える。皿に盛り、好みでクレソンや薄切りにしたラディッシュを添える。

Point

  • 焦げないように混ぜながら加熱

    焦げないよう、絶えず混ぜながらしっかりと加熱して、ワインのアルコールとバルサミコ酢の酸味を飛ばす。

  • 料理酒ではなく、飲んでも美味しいお酒を使うとより風味が豊かになり、味に深みが増す。「高価なものでなくていいので、お気に入りの一本を常備しておくと便利です」と茂木さん。

副菜 memo

ソースをパンに付けていただく

複数のきのこの旨味がぎゅっと凝縮されたバルサミコソースをパンにつけて食べるとまた格別。ソースは添えた野菜とも相性抜群。お酒は料理に使った赤ワインをチョイス。