今日の晩ごはん

ゴボウと柚子こしょうのチャンプル

調理時間
30分

きんぴらがボリューム満点のおかずに変身

しっかりと味の染みた、ゴボウのきんぴらを使ったチャンプル。柚子こしょうを加えて、ピリ辛に仕上げれば、大人の味わい。きんぴらは作り置きすれば常備菜に!

材料 ( 2人分 )

  • ゴボウ …1本
  • 豚ロース肉 …150g
  • 木綿豆腐 …1/2丁
  • 卵 …2個
  • 酒 …小さじ2
  • みりん …小さじ2
  • 醤油小さじ2 …
  • ごま油 …小さじ1と1/2
  • 柚子こしょう …小さじ1/2強

作り方

1 きんぴらを作る
ゴボウはタワシなどで洗い、皮ごと千切りにし水にさらす。フライパンに中火にかけ、ごま油1/2を入れ水気を切ったゴボウを入れる。油が回ったら、酒小さじ1、みりんを加えてひと煮立ちさせ、醤油を加え、汁気がなくなるまで炒め、きんぴらにする。
2 下ごしらえ
豚肉は食べやすい大きさに切る。豆腐は水切りをする。
3 炒り卵を作る
フライパンを中火にかけ、ごま油小さじ1/2を入れ溶いた卵を入れて、ふんわりとした炒り卵を作り、バットに取り出しておく。
4 具材を炒める
再度残りのごま油を入れ、豚肉、1のゴボウを加えて炒める。
5 仕上げる
豚肉に火が通ったら豆腐を手で崩しながら加え、柚子こしょうと酒小さじ1を加えて炒める。全体が混ざったら3を戻しさっと合わせる。

Point

  • 卵はふんわりと半熟に

    卵は、ごま油をひいたフライパンで、半熟の炒り卵を作り、取り出しておく。

  • 味の決めては柚子こしょう

    柑橘の爽やかな香りと、ぴりっとした刺激をあわせもつ柚子こしょうを、仕上げに入れて、よく混ぜる。

  • ゴボウは最初に炒めて味をふくませ、「きんぴら」にしてから使う。多めに作って常備菜にすれば、さっとマヨネーズで和えただけでも一品ができるので重宝する。

副菜 memo

豆ごはんに味噌汁でヘルシーに

チャンプルが主役なので、ごはんと味噌汁があれば、それで充分。ご飯は豆ご飯にしたり、味噌汁にはきのこなどの具をいっぱい入れれば、栄養バランスもばっちり。