今日の晩ごはん

ねぎと豚バラの蒸し物

調理時間
30分

たっぷりのせた白髪ねぎがアクセント

ねぎと豚肉を使った優しい味わいの鍋料理は、身体が暖まる寒い日に嬉しいご馳走。仕上げにラー油で合えた白髪ねぎをたくさんのせて、ピリ辛の刺激も楽しもう。

材料 ( 2人分 )

  • 長ねぎ …4本
  • 豚バラ肉(スライス) …200g
  • 塩・胡椒 …少々
  • 酒 …大さじ2
  • ラー油 …小さじ1
  • すだち、レモンなど …好みで

作り方

1 下ごしらえ
長ねぎ3本は縦半分、5㎝長さに切る。豚バラ肉は5㎝程度に切る。
2 鍋に材料を入れて煮る
鍋に長ねぎと豚バラ肉を交互に入れ、軽く塩・胡椒をする。酒をふり入れ、蓋をして弱火で15分ほどじっくりと火を通す。
3 白髪ねぎにラー油を和える
残りの長ねぎで白髪ねぎを作り、水に晒した後によく水気をふき取り、ラー油で和える。
4 仕上げる
2の鍋に3の白髪ねぎをたっぷりとのせて完成。好みですだちやレモンを絞っていただく。

Point

  • 長ねぎと豚肉を交互に重ねる

    長ねぎと豚肉は、均一に火が入るように、互い違いになるように重ねて鍋に入れる。豚肉のうまみもまんべんなく行きわたり、おいしく仕上がる。

  • 優しい味わいの鍋にほど良い刺激を与えてくれる、ラー油で和えた白髪ねぎ。多めに作り、翌日のお昼ごはんをラーメンにして、トッピングに活用するのもおすすめ。

副菜 memo

昨夜の牡蠣で簡単おつまみ

野菜も肉も入った鍋なので、副菜はなくても充分だが、昨夜の牡蠣の燻製を少し残しておき、細切りの大根と合わせれば箸休めの一品になる。味つけは塩と胡椒でシンプルに。