今日の晩ごはん

イカと里芋の煮物

調理時間
45分

ごちそう続きの年末に食べたいほっとする味

ご飯が進む定番の和食は、しっかりと味を染み込ませて冷めても美味しい味に仕上げて。3日程度保存可能だから、料理を一休みしたいお正月のおかずとしても大活躍。

材料 ( 4人分 )

  • 里芋 …500g
  • ショウガ(薄切り) …1片分
  • イカ …2杯
  • 昆布 …3cm角
  • 水 …1カップ
<A>
  • 酒 …1/4カップ
  • 砂糖 …大さじ1
  • みりん …大さじ2
  • 醤油 …大さじ3

作り方

1 里芋を切る
里芋はたわしで泥を落とし、皮をむく。大きいものは半分に切る。
2 イカをさばく
胴と足をつないでいる軟骨のつけ根をはがし、足をワタごと引き抜く。胴は中に手を入れて軟骨を取り除き、1cm幅に切る。足は目から下を切り落とし、口ばしを引き抜く。吸盤を包丁の背でこそげ取り、2本ずつ切り分ける。
3 煮る
鍋に昆布、1、水を入れ、火にかける。沸騰したらアクを取り除き、2と<A>を加え、落とし蓋をして弱火でコトコトと煮る。
4 仕上げる
10分おきに醤油を3回に分けて加え、里芋が軟らかくなるまで煮る。

Point

  • 醤油は3回に分けて加える

    醤油は一度に入れずに、3回程度に分けて入れると、味がしっかりと染み込む。

  • 水分を飛ばしつつ、味を均一に染み渡らせたい煮物には、落とし蓋が必須。木製のものがなくても、クッキングペーパーを鍋にサイズに切り、真ん中に穴をあけたもので十分。

副菜 memo

里芋の皮まであますことなく使う

里芋の皮をごま油で炒めて、醤油、みりん、砂糖で味つけしてきんぴらにする。星谷さんは、大根やごぼうなど、煮物に使った野菜の皮をこのようにして食べることが多いそう。仕上げにごまや七味を振ればさらに美味。