今日の晩ごはん

ゴボウと納豆のヘルシー餃子

調理時間
30分

ゴボウの甘みと香りが楽しめる

まるでハーブのように、ゴボウの深い香りが広がる新感覚の餃子。納豆としいたけが入っているので旨味があり、ピリ辛で濃厚なトマトダレがいいアクセントになる。

材料 ( 20個分 )

  • ゴボウ(みじん切り) …20㎝
  • 醤油 …少々
  • ごま油 …少々
<A>
  • ひきわり納豆 …80g
  • しいたけ(みじん切り) …3枚分
  • 小ねぎ(小口切り) …6本分
  • ショウガ(すりおろし) …小さじ1
  • 白すりごま …小さじ1
  • 小麦粉 …小さじ1
  • 醤油 …小さじ1
  • 塩、こしょう …各少々
  • 餃子の皮 …20枚
  • 油(焼き用) …少々
<タレ>
  • トマトピューレ …小さじ2
  • 醤油 …小さじ2
  • ラー油 …少々

作り方

1 ゴボウを炒める
フライパンにごま油を熱し、ゴボウを甘みが出るまで炒め、醤油で下味をつける。
2 皮で包む
1に<A>を加えて混ぜ合わせ、餃子の皮で包む。
3 焼く
フライパンに油を熱し、2を並べ、中火で少し焦げ目がつくまで焼く。水2/3カップを入れて蓋をし、強めの中火で水分がなくなるまで蒸し焼きにする。蓋を取り、カリッと焼き色がつくまで焼く。
4 盛り付ける
器に盛り付け、混ぜ合わせたタレを添える。

Point

  • ゴボウはよく炒める

    ゴボウは水にさらさず、甘い香りがするまで炒めると、アクが飛び、コクが出る。色は黒くなるが、気にせずに。

  • 餃子と相性抜群なのが、トマトベースのタレ。トマトピューレと醤油、ラー油を混ぜ合わせれば濃厚なトマトダレのでき上がり。ゴボウと納豆の個性のある味を、ガツンと男らしいタレが引き立てる。

副菜 memo

中華風の献立に

香ばしい餃子には、さっぱりとした副菜を合わせよう。水菜などのシャキシャキした野菜をたっぷり入れた、中華風ドレッシングのサラダが合う。わかめのスープを添えれば、中華風献立のでき上がり。