今日の晩ごはん

とうもろこしご飯と豚肉のショウガ焼き

調理時間
40分

旬を味わう、ワンプレート

夏になると必ず作るという枝元さんの定番料理。とうもろこしの甘みを堪能できるシンプルな炊き込みご飯と、ガツンとショウガを利かせた豚肉を一緒にいただきます。

材料 ( 4〜5人分 )

<とうもろこしご飯>
  • 米 …3合
  • とうもろこし …1本
  • 塩 …小さじ1/2
<豚肉のショウガ焼き>
  • 豚肩ロース薄切り肉 …400g
  • ショウガ …2片(すりおろし)
A
  • 酒、醤油 …各大さじ3
  • みりん …大さじ2
  • 油 …大さじ1
  • レタス …3枚
  • マヨネーズ …適量
  • 粗挽き黒こしょう …少々

作り方

1 とうもろこしご飯を作る
米を洗ってざるにあげ、炊飯器の内がまに入れて3合の目盛りまで水を加える。とうもろこしの実を包丁でそいで、二つに折った芯をともに加えて、炊く。炊けたら塩を振って混ぜる。
2 ショウガ焼きの下ごしらえをする
豚肉は筋切りをしてバットに入れる。A、ショウガの半量を加えて軽くもみ込み、10分おく。
3 焼く
フライパンに油を熱し、汁気をきった2を並べ入れる。肉の縁が白っぽくなってきたら裏返す。フライパンの端に焼けた肉を重ねて、空いたスペースに残りの肉を入れて同様に焼く。
4 ショウガ焼きを仕上げる
3に2の下味の汁、残りのショウガを加えて絡めながら照りが出るまで焼く。
5 仕上げる
皿にレタス、1のご飯、4を盛り、マヨネーズを細くしぼりかけて黒こしょうを振る。

Point

  • 芯を加えて炊く

    夏になると何度も繰り返し作るという、とうもろこしご飯。まずは実と芯をだけで炊いて、とうもろこしの甘みを味わう。味付けは仕上げに。

副菜 memo

具だくさん味噌汁を

ジャガイモ、玉ねぎ、わかめなど定番の具材をふんだんに使った味噌汁があれば、大満足の献立に。トマトを加えるとさっぱりとした夏らしい味に。

料理家・真藤舞衣子 × fog linen work × Kurashi ワンピース、ローブ、作業着にも使えるリネンのかっぽう着「ホームドレス」9/20(木)11時より数量限定で再販開始! 暑い日には“さっぱり”をプラス 爽やかさが決め手のレモンレシピ