今日の晩ごはん

豚肉とミョウガの味噌春巻き

調理時間
20分

味噌のコクにミョウガのほろ苦さがベストマッチ

シンプルに、食材を包んであげるだけ。素材本来の味を活かした春巻き。味噌は、ほんのり味を感じる程度に薄くのばすのがポイント。ミョウガを大胆に入れることで、何個でも食べられる軽やかな味わいに。

材料 ( 3〜4人分 )

  • 春巻きの皮 …10枚
  • 豚小間切れ肉 …200g
  • ミョウガ …4個
  • 酒(あれば紹興酒) …大さじ1
  • 味噌 …小さじ2~3
  • 水溶き小麦粉 …小麦粉小さじ2を水大さじ1で溶いたもの
  • 揚げ油 …適量

作り方

1 下ごしらえをする
豚肉は酒をもみこむ。ミョウガは薄切りにする。小麦粉は水で溶く。
2 巻く
春巻きの皮を広げ、手前にみそを薄くぬる。豚肉、ミョウガをのせて巻き、端を水溶き小麦粉でとめたら、もう1枚春巻きの皮を広げて二重に巻き、おなじように端を水溶き小麦粉でとめる。
3 揚げる
フライパンに揚げ油を底から2㎝ほど入れて熱し、低温(160~170℃)で10分ほどかけてゆっくりと揚げる。

Point

  • 味噌を薄くぬる

    春巻きの皮に、指で味噌を薄く伸ばすようにしてぬる。その上に、肉とみょうがをのせて巻く。シンプルな味付けにミョウガ独特のほろ苦さが活きる。

  • 皮を2枚重ねにして巻く。生のままの豚肉を包むので、揚げている最中に肉汁で皮が破れてしまうのを防止する。外はパリパリ、中は肉汁たっぷりでジューシーな春巻きがコツなしで簡単に作れる。

副菜 memo

フレッシュな副菜を

揚げものには、生野菜を使ったフレッシュなおかずがぴったり。乱切りにしたトマトとアボカドを、醤油、すりごま、オリーブ油で和えた「トマトとアボカドのごま和え」など夏らしいひと品を添えて。