今日の晩ごはん

豆腐と挽肉のコチュジャンつくね

調理時間
20分(豆腐を水切りする時間は除く)

ご飯にもお酒のおつまみにも◎なつくね

コチュジャンの辛さをしっかり効かせ、ご飯はもちろん、お酒にも合う大人味に仕上げて。野菜もたっぷり入っているので、食感が楽しく、栄養も食べごたえも抜群!

材料 ( 8個分 )

  • 鶏挽肉 …150g
  • 豆腐 …1/2個
  • ゴボウ …1/2本
  • ニンジン …1/2本
  • ショウガ …1/3片
  • ニンニク …1/2片
  • 片栗粉 …大さじ1
  • 塩 …1つまみ
  • 醤油 …小さじ1
<A>
  • 醤油 …大さじ1
  • 酒 …大さじ1
  • みりん …大さじ2
  • コチュジャン …大さじ1
  • 豆もやし …適量
  • ゴーヤ …適量

作り方

1 下ごしらえする
豆腐はしっかり水切りをしておく。ゴボウは斜め薄切り、ニンジンもごぼうと同じ位の大きさになるように切る。ゴボウはさっと水にさらしてアク抜きする。
2 野菜を炒める
フライパンに油適量(分量外)を引き、みじん切りにしたショウガとニンニクを火にかける。香りが出てきたら2のゴボウとニンジンも入れて炒める。
3 つくねを作る
ボウルに鶏挽肉、1の豆腐を入れ良く混ぜる。片栗粉、塩、醤油を入れ、さらに混ぜ、2も加え混ぜる。8等分にして、俵形にする。
4 つくねを焼く
フライパンに油適量(分量外)を入れ、3を並べ蓋をして蒸し焼きにする。両面きつね色になるまで焼いたら、混ぜ合わせた<A>を加え、絡めながらタレにとろみがつくまで焼く。
5 盛り付ける
種を取り、薄く切ったゴーヤと豆もやしをさっとゆで、4とともに器に盛り付ける。

Point

  • 野菜を炒めてから、
    挽肉と豆腐に加える

    満足感が出るよう、つくねを厚めに作るが、根菜は火が通りにくい。野菜の生焼けを防ぐため、炒めてから挽肉、豆腐とともに混ぜるのがコツ。

  • ゴボウとニンジンは、斜め薄切りにして、ある程度大きさを残すようにする。みじん切りなどのように細かく切るよりも調理時間が早くなり、食感と食べごたえもアップする。

副菜 memo

箸休めになるゆで野菜を
プラスして

つくねにしっかりと味がついていて、辛みもあるので、シンプルにゆでただけの豆もやしとゴーヤなどを添えて。ゆでた小松菜や、野菜の酢の物、ごま油でさっと和えたナムルなども合う。