今日の晩ごはん

里芋のアクアパッツァ風

調理時間
20分

洋風に煮込んだ里芋が絶品

和食に使うイメージが強い里芋は、洋風に煮込んでも味が馴染んで美味しい。たっぷりの野菜の旨味が染みて大満足の一品に。

材料 ( 2人分 )

<A>
  • 里芋 …4~5個(250g)
  • きのこ(シイタケ、エリンギ、シメジ、マッシュルームなど) …200g
  • ニンニク(みじん切り) …1片
  • ミニトマト …10個
  • オリーブ油 …大さじ2
<B>
  • 黒オリーブの実 …8個
  • 白ワイン …1/2カップ
  • 水 …1/2カップ
  • 赤唐辛子(種をとって輪切り) …1本
  • ローリエ …1枚
  • 塩 …小さじ1/2強(好みで加減)
  • 醤油、挽きたての黒こしょう …少々

作り方

1 具材を炒める
煮込み用の鍋か深めのフライパンに、ニンニクとオリーブ油を入れ、弱火で少し色づくくらいまでじっくり炒める。Aを加え、素材に少しこげめがつくくらい弱火~中火でじっくり炒め、ミニトマトを加え、煮くずれるくらいさらに炒める。
2 煮込む
Bを加え、蓋をして里芋がやわらかくなるまで弱火で煮込み、ふたをとり、塩と醤油を加えて水分が少なくなるまで中火で煮込む。そのままさまして味をふくませる。

Point

  • ニンニクはじっくり炒める

    ニンニクをじっくり炒めて旨味をしっかり引き出す。香りもよく立ち、全体の味が調うポイントに。

  • エリンギは貝柱風にカットする

    エリンギは大きめの輪切りにすると、貝柱風の食感になる。野菜も切り方一つで楽しみ方が変わる。

  • カノウさんはいろいろなきのこをたっぷり入れて作る。旨味が増す上、さまざまな食感や味わいを楽しめる。

副菜 memo

メインが栄養たっぷりで副菜いらず

栄養もボリュームもたっぷりのメインなので、スライスしたバゲットを添えいただくのがおすすめ。しっかり味の付いたスープに浸していただくのも美味しい。