今日の晩ごはん

鶏ハムとアボカドのバジル塩麹和え

調理時間
35分

バジルとレモンの爽やかな風味

バジルの香りがふわりと口中に広がる爽やかな鶏料理。レモン汁をたっぷり使うとパンチのきいた味わいに。お酒のおつまみや、パンにのせて翌日の朝食にしても◎。

材料 ( 2人分 )

  • 鶏むね肉 …1枚(約300g)
  • アボカド …大1個
  • レモン汁 …大さじ3
  • 塩 …適量
  • 黒コショウ …適量
<A>
  • バジル …35g
  • オリーブ油 …35g
  • 塩麹 …大さじ1

作り方

1 鶏ハムを作る
鶏むね肉は観音開きにして厚さを均等にし、塩・黒コショウをふってラップに包み、ロール状に丸める。沸騰したお湯にラップごと入れて10分ゆでる。火を止め、そのまま湯の中に浸けておく。
2 ペーストを作る
Aをミキサーにかけてペースト状にする。
3 アボカドを用意する
アボカドを一口大に切り、レモン汁を和える。 
4 混ぜ合わせる
1の鶏ハムの粗熱がとれたらラップから外し、一口大に切る。アボカドと混ぜ合わせ、2のペースト適量を絡める。※鶏ハムは前日に作っておくと、より美味しく食べられる。

Point

  • 果汁たっぷりが美味しさの鍵

    鶏ハムやバジル塩麹の塩気に負けないぐらい、たっぷりのレモン汁を加えることでバランスのとれた味になる。

  • 普段から塩麹は色々な料理に使っているが、この料理のペーストにもたっぷり使用。通常、バジルペーストには塩を使うが、代わりに塩麹を使うと、塩気だけでなく優しい甘みもプラスされ、口当たりよく仕上がる。

副菜 memo

正反対の食感でメリハリをつける

鶏ハムやアボカドを使った軟らかい食感の主菜なので、副菜には正反対の食感を合わせる。シャキシャキ食感の「キャロットラペ」がベスト。主菜と副菜、どちらもお酒に合うので、おつまみとしても重宝する。