今日の晩ごはん

きりたんぽ鍋

調理時間
40分

新米が美味しい季節のごちそう

フライパンできりたんぽを作って、秋田名物を自宅で味わおう。鶏肉ときのこの旨味が染み込んだきりたんぽは絶品。最後に添えるせりの苦みでより本格的に。

材料 ( 多めの2人分 )

  • 鶏もも肉 …1枚
  • 長ねぎ …1本
  • 焼き豆腐 …1/2丁
  • しらたき …1/2袋
  • 油揚げ …1枚
  • ゴボウ …1/2本
  • 舞茸 …1/2株
  • せり …1/2束
<A>
  • ダシ汁 …2と1/2カップ
  • 薄口醤油 …大さじ3?4
  • 酒 …大さじ2
  • みりん …大さじ1
<きりたんぽ>
  • ごはん …2膳分(冷めている場合は温める)
  • 片栗粉 …大さじ1
  • 濃い目の塩水 …水200mlに対して約塩小さじ1

作り方

1 きりたんぽを作る
ご飯と片栗粉をボウルに入れてすりこぎで少し粒が残るくらいまでつく。濃いめの塩水で手をぬらしながら成形し、割り箸に均等に巻きつける。※割り箸を使うのが面倒な場合は小さく丸めても可。
2 きりたんぽを焼く
1をフライパンで軽く焼き色がつくまで中火で焼く。粗熱がとれたら割り箸を外して斜めに切る。
3 下ごしらえをする
鶏肉、豆腐、油揚げは一口大に、長ねぎは斜めに切る。ゴボウはささがきにして水にさらして水をきる。しらたきは食べやすい大きさに切って下ゆでする。舞茸は石づきを切り落とし食べやすい大きさに切る。せりは根本を切り5cm長さに切る。
4 煮込む
鍋に<A>を入れて火にかけて、沸騰したらせり以外の3をを入れて全体に火が通るまで弱火で煮込む。
5 仕上げる
きりたんぽを加えて数分煮込み、せりを最後に加えて出来上がり。

Point

  • ご飯をつく

    粒感が残る程度にすりこぎでご飯をつく。温かいうちすると、粘り気が出て美味しくなるので、炊きたてでない場合は必ず温めて。

  • 割り箸に巻き付ける

    塩水を手につけて棒状に成形し、割り箸に巻き付けるようにする。ぎゅっとにぎるようにすると崩れにくい。

  • 炭火で焼かなくてもフライパンを使えば、自宅でも手軽にきりたんぽが楽しめる。テフロン加工のフライパンに油を敷かず、ほんのりと焼き色がつくまで焼いて。食べたい量だけ作れるので便利。

副菜 memo

柚子こしょうで味に変化を

鍋は副菜を用意しなくていいラクさがうれしいポイント。またこのメニューは、ごはん(きりたんぽ)を入れて〆まで揃っているので、無理に他のおかずをプラスせずに、柚子こしょうなど味を変化させて楽しんで。