今日の晩ごはん

ひと口ブリカツ

調理時間
25分

脂ののったブリにサクっと軽やかな衣が好相性

「魚料理をボリュームアップさせたい」そんなときはフライが一番。同じ揚げ時間で揚げられるサツマイモを合わせて秋らしく。ソースを合わせた特製マヨをかけていただきます。

材料 ( 2人分 )

  • ブリの切り身 …2切れ(200g)
  • サツマイモ …1/2本(150g)
  • 塩 …小さじ1/4
  • こしょう …少々
  • 小麦粉、溶き卵、ドライパン粉 …各適量
  • 揚げ油 …適量
<A>
  • マヨネーズ …大さじ2
  • ウスターソース …大さじ1/2
  • 粗びき黒こしょう …少々
  • キャベツ(千切り)、レモン(くし形切り) …各適量

作り方

1 下ごしらえをする
ブリはあれば骨を除いて大きめのひと口大に切り、サツマイモは皮のまま1cm幅の輪切りにする。
2 衣をつける
1のブリに塩、こしょうをふり、小麦粉、溶き卵、パン粉を順につける。
3 揚げる
フライパンに揚げ油を2cmほど注いで中温(170℃)に熱し、2とサツマイモを入れる。時々返しながら約3分30秒揚げ、油を切る。
4 仕上げる
器に盛り付け、<A>を混ぜてかける。キャベツ、レモンを添える。

Point

  • しっかりと塩をふる

    ブリにはしっかりと塩をふって下味をつけると味が締まって美味しくなる。水気が出てきたらキッチンペーパーで拭き取り、衣をつける。

  • 煮付けや塩焼きにすることが多いブリをフライにして主役おかずに。大きめに切ると扱いやすい上、ボリュームがでる。パン粉は薄くまんべんなくまぶしてサクっと軽やかな衣に。

副菜 memo

手間のかからないひと品を

衣をつけたり、揚げたりとどうしても手間がかかってしまう揚げもの。副菜はできるだけ簡単なものを作って負担を減らして。塩もみしたキュウリをたっぷりとのせた冷奴などがおすすめ。