今日の晩ごはん

ハッシュドビーフ

調理時間
40分

家にある材料で作れるごちそう

作るのに手間のかかるイメージがあるハッシュドビーフを、隠し味に味噌を使って簡単アレンジ。野菜は蒸し炒めにする、肉はバターで炒める、この基本の2点を守れば失敗知らず。

材料 ( 2人分 )

  • 牛こま切れ肉 …150g
  • 玉ねぎ …1個(200g)
  • マッシュルーム(またはしめじ) …80~100g
  • ニンニク(みじん切り) …1片分
  • 赤ワイン …大さじ3
  • 水 …1カップ
<A>
  • トマト缶(カットタイプ) …200g
  • 赤ダシ味噌(白味噌以外であれば、他の種類の味噌でも可) …大さじ1
  • ウスターソース …小さじ2
  • 砂糖 …小さじ1
  • ローリエ …1枚
  • 塩、こしょう、小麦粉 …適量
  • オリーブ油 …大さじ1
  • バター …大さじ1
  • ご飯 …適量
  • 水切りヨーグルト、パセリ …適宜

作り方

1 下ごしらえをする
玉ねぎは半分に切ってから、1cm厚さのくし形切りにする。マッシュルームは薄切りにする。牛肉は軽く塩、こしょうを振り、小麦粉をまぶす。
2 野菜を炒める
フライパンに油を熱し、玉ねぎ、ニンニクを炒める。火が通ったら、マッシュルームを加え、蓋をして3~5分蒸らす。
3 肉を炒めて、煮る
しんなりしたら2を脇に寄せて、バターを入れ、牛肉を炒める。牛肉に焼き色がついたら、赤ワイン、水を加え、アクを取り除く。<A>を加えて、10~15分煮る。
4 仕上げる
味が足りなければ、ウスターソース適量(分量外)を加えて調味する。ご飯と一緒に皿に盛り、好みで水切りヨーグルトをのせ、みじん切りしたパセリを振る。

Point

  • しっかりと火を通す

    玉ねぎ、マッシュルームは蒸し炒めして火をしっかり通しておけば、肉と合わせた後の煮込み時間が短くても、食材の持つ甘味と旨味がぐっと引き出され、美味しくなる。

  • ハッシュドビーフに、赤ダシ味噌を使う。味噌のコクのおかげで、煮込み時間が短くても本格的な味に仕上がる。また、デミグラスソースを使わず、家にある材料でさっと作れるというメリットも。

副菜 memo

箸休めになるものを

こってりとした重量感のある主菜には、軽めのサラダが一番。バターや味噌のコクを引き立ててくれる、クレソンや春菊など苦味のある野菜を合わせて。クタクタに煮たカリフラワーをマッシュして添えても。