今日の晩ごはん

冬瓜と鶏そぼろの煮物

調理時間
30分

夏にぴったりの煮物

涼しげな冬瓜の煮物は優しい味わい。とろみのつけ方をひと工夫すれば、冷めても美味しい。鶏肉の下ごしらえで雑味のないすっきりとした味わいに仕上がります。

材料 ( 2人分 )

  • 冬瓜 …3×4cm各12個分
[煮汁]
  • 水 …500g
  • 昆布 …10cm角
  • 塩 …小さじ1
  • 薄口醤油 …小さじ1/2
  • 鶏ひき肉 …200g
  • えだまめ …適量
  • オクラ …6本
  • スダチ …2個

作り方

1 下ごしらえをする
冬瓜は3×4cm角に切り分け、種とワタを除く。薄く皮をむき、皮側に細かく包丁目をいれる。水から15分茹で、流水にさらす。枝豆は塩(分量外)を適量もみ込み、さっと茹でてざるにあげて粗熱を除く。オクラはガクをぐるりとむいてみじん切りにする。鶏ひき肉はざるにひろげ熱湯をまわしかけて霜降りする。
2 煮る
鍋に昆布を敷き、下茹でした冬瓜を並べて分量の水と霜降りした挽肉を加えて箸でよくほぐしてから火にかける。ひと煮立ちしたらアクを丁寧に除き、塩と薄口醤油を加え、落し蓋をして10分煮る。
3 枝豆とオクラを加える
さやから出した枝豆とオクラを加え、器に盛りスダチを添える。

Point

  • 鶏肉のひと手間で美味しさアップ

    鶏肉の表面を熱湯で軽く流すと余分な油やアクがとれて雑味がなくなり、すっきりとした煮物になる。

  • 冬瓜は薄く皮をむいて切り込みを入れる

    冬瓜は皮を薄く剥くとキレイな緑色に。3分の1ほど切り込みを入れておくと、味がよく浸み込み食べやすい。

  • オクラでとろみを出す

    オクラでとろみを出すのがあこさん流。優しい味わいが印象的で、冷めても美味しくいただけるのが嬉しい! オクラは最後に入れると変色せず鮮やかな色に。

副菜 memo

シンプルで上品な味のひと品を

鶏肉のダシが効いた煮物には、メインを邪魔しないあっさりした副菜を合わせるのがおすすめ。お刺身や海鮮を使った和え物など、シンプルかつ上品な味のものがぴったり!

料理家・真藤舞衣子 × fog linen work × Kurashi ワンピース、ローブ、作業着にも使えるリネンのかっぽう着「ホームドレス」9/20(木)11時より数量限定で再販開始! 暑い日には“さっぱり”をプラス 爽やかさが決め手のレモンレシピ