今日の晩ごはん

きのこの焼きリゾット

調理時間
25分

ワインが飲みたくなるお洒落なひと皿

パルミジャーノの香ばしさが食欲を刺激し、中にはきのこや玉ねぎ、生ハムの旨味がたっぷり。焼きリゾットはリゾットを作りすぎてしまった際のアレンジにもおすすめだ。

材料 ( 2人分 )

  • きのこ(しめじ、まいたけ、しいたけなどお好みで) …120g
  • 玉ねぎ …1/4個
  • 生ハム …20g
  • オリーブ油 …大さじ2
  • 米 …1/2カップ
  • 水 …適量
  • 無塩バター …20g
  • パルミジャーノチーズ(すり下ろし) …大さじ4
  • 塩 …少々
  • 粗びき黒こしょう …少々
  • イタリアンパセリ(みじん切り) …少々

作り方

1 材料を切る
きのこは粗めのみじん切りにする。玉ねぎと生ハムはみじん切りにする。
2 炒める
フライパンにオリーブ油大さじ1を入れ、生ハムを炒める。脂が出てきたら玉ねぎを加えて透明感が出るまで炒める。
3 米を加える
きのこを加えたらしっかり炒めてきのこの水分を飛ばす。米を洗わずに加えて透明感が出てくるまで弱火で炒める。
4 煮る
具材がかぶるぐらいまで水を入れて強めの中火でフライパンをゆすりながら煮る。水気がなくなってきたらその都度水を足す。
5 味を調える
米が好みの固さになったら、バター10gとパルミジャーノチーズを加えて混ぜ、塩とこしょうで味を調える。
6 焼き上げる
別のフライパンに残りのオリーブ油を引き、5を丸く広げる。フライパンをゆすりながら弱火でじっくりと焼く。しっかりと焼き色が付いたらフライ返しを使って4~6等分に切れ目を入れて裏返す。フライパンのふちから残りのバターを滑らせるようにまわし入れ、裏側もこんがりと焼く。皿に盛り、刻んだパセリを散らす。

Point

  • 何度か水を足して好みの硬さに仕上げる

    水気がなくなったら、その都度かぶるくらいまで水を足し、ゆすりながら煮る。味見をして米が好みの硬さになっていればOK。

  • カットしてからひっくり返すと失敗しない

    リゾットを裏返す際は、4等分ほどにカットしてからひっくり返すと失敗が少ない。一枚のままで自信がないときは切って裏返そう。

  • きのこは生のものでもいいが、干しきのこを使うのもおすすめ。水分が抜けるまで干したきのこを水で戻してギュッと絞り、その戻し汁を水の代わりに使えば、よりきのこの旨味が凝縮した味わいに。干しきのこならではの歯応えも楽しめる。

副菜 memo

濃厚な味わいのリゾットにはさっぱりとしたサラダを

旨味と塩気の利いたリゾットには、さっぱりとしたグリーンサラダを添えて。エンダイブ、チコリ、ベビーリーフなどにオリーブ油とレモン汁、塩・こしょう少々をかければ完成。リゾットと混ぜて一緒に食べても美味しい。