今日の晩ごはん

軽い塩豚と野菜の炒め物

調理時間
10分(塩豚を休ませる時間は除く)

定番にしたい! 手軽に作れるご飯のおかず

豚肉は塩と酒を揉み込んでおくことで軟らかくなり、旨味が出る。ほど良い塩気が調味料代わりになるため、調理は簡単! 香ばしい焼き目と、根菜の歯応えに箸が進む。

材料 ( 2人分 )

<塩豚>
  • 豚こま肉 …150g
  • 塩 …2g(ひき肉の重量の1.5%)
  • 酒 …大さじ1/2
  • 好みの野菜 …今回はインゲン10本、レンコン(小さめ)1個を使用
  • オリーブ油 …適量
  • 黒こしょう …適量(お好みで)
  • レモン …1/4個
  • ご飯 …適量

作り方

1 塩豚を作る
ボウルに豚肉と塩、酒を入れて揉み込み、冷蔵庫で30分ほど休ませる。
2 野菜を切る
インゲンは両端を落とし半分にし、レンコンは皮をむいて1cm弱の厚みに切り、さらに半分に切る。
3 塩豚を焼く
フライパンに油を入れ、1で作った塩豚を広げて両面を焼く。焼けたらいったん取り出す。
4 野菜を焼く
3のフライパンに油を足し、インゲンとレンコンを入れてあまり触らずに、こんがり焼き目を付ける。
5 炒め合せる
3の取り出しておいた塩豚を戻し入れ、炒め合せる。
6 仕上げる
器に5でできたものとご飯を盛り付け、仕上げに黒こしょうを振り、お好みでレモンを添える。

Point

  • 塩は少し強めに利かせる

    加える塩の量は豚肉の重量の1.5%が目安。少し強めに利かせておくことで+αの味付けをしなくても味が決まる。

  • 豚肉がちょっぴり余ってしまった時は、その日のうちに塩と酒で揉んでおく。塩豚があればそれだけで味が決まるので、後は冷蔵庫にある野菜と一緒に炒めるだけ。すぐに一品作れるので重宝する。

副菜 memo

具沢山の味噌汁を添えてバランス良く

白いご飯がよく合う炒め物には味噌汁を添えて、ほっと心が落ち着く和の定食に。大根やニンジン、きのこなどが入った具沢山の豚汁にすれば、野菜もたっぷり摂れてバランスがいい。