今日の晩ごはん

鶏つくねの照り焼き

調理時間
20分

食感も楽しいやみつきのおかず

麩を使ってもっちりとしたつくねの中に、キクラゲのコリコリ食感が楽しい一品。野菜と一緒にタレを絡めれば、ご飯が進む美味しさに。一つひとつ成形せずに手軽に仕上げるつくねの作り方にも注目!

材料 ( 2人分 )

  • 玉ねぎ …1/4個
  • キクラゲ(乾燥) …2g
  • 焼き麩 …10g
  • 鶏挽肉 …150g
  • 卵 …1/2個
<A>
  • 塩 …小さじ1/4
  • 醤油 …小さじ1/2
  • こしょう …少々
  • ピーマン …2個
  • 植物油 …適量
<B>[照り焼きダレ]
  • 醤油 …大さじ1
  • みりん …大さじ1
  • 砂糖 …小さじ2
  • 植物油 …適量

作り方

1 下ごしらえ
玉ねぎは細かいみじん切り、キクラゲはぬるま湯(分量外)で20分程戻してから石突きを取り、少し大きめのみじん切りにする。ビニール袋に麩を入れ、麺棒などでパン粉のような状態に細かく砕く。
2 つくねを作る
ボウルに鶏肉、卵、A、1を入れ、粘りが出るまで手でしっかりこねる。
3 ピーマンを切る
ピーマンはヘタと種を取り、食べやすい大きさに切る。
4 ピーマンとつくねを焼く
フライパンを熱し、油を薄く広げる。ピーマンをさっと炒めとりだす。同じフライパンに2を入れ、水で濡らした手かフライ返しで薄く広げる。
5 つくねを焼き上げる
フライパンを中火にかけ、香ばしい焼き色が付いたら裏返す。両面焼き色が付き、肉汁がしみ出してきたら、フライ返しで食べやすい大きさに切って皿に取り出す。
6 仕上げる
5のフライパンにBを入れ、煮立てる。しっかりとろみがついてきたら5のピーマンとつくねを戻し入れ、タレに絡める。

Point

  • キクラゲは食感を残す

    つくねに入れるキクラゲはコリコリとした食感を残したいので、大きめのみじん切りにする。

  • つくねは大きく形作る

    つくねはフライパン一面サイズの円板状に形作る。ヘラでフライパンに押し付けながら両面を焼き、切り分ける。

  • 麺棒などを使って細かく砕いた麩を加えると、つくねがもっちりと仕上がる。冷凍保存してもパサパサせずに美味しくいただけるのが嬉しい。お弁当のおかずにもおすすめ。

副菜 memo

さっぱりとした小鉢を添えて

しっかり味の照り焼きはご飯も進むので、あっさりとした小鉢料理などを添えてみては? 野菜と細切り昆布を使ったさっと煮など、和風の副菜がよい箸休めになりそう。