今日の晩ごはん

サツマイモとエリンギ
じゃこのかき揚げ

調理時間
30分

パリパリ食感が楽しい軽やかなかき揚げ

甘み、旨味、塩気が絶妙に絡んだあとをひく美味しさ。野菜に直接、小麦粉と水をまぶして作るのでお手軽です。油に入れたら“あまりいじらない”が成功のカギ。

材料 ( 2〜3人分 )

  • サツマイモ …1本(約200g)
  • エリンギ …2本
  • じゃこ …30g
  • 薄力粉 …50g
  • 塩 …小さじ1/4
  • 冷水 …50ml
  • 揚げ油 …適量

作り方

1 下ごしらえをする
サツマイモは両端を切り落とし、皮付きのまま長さ3等分にしてから千切りにする。約5分水にさらし、ざるに上げて水気をきる。エリンギは石づきを切り落とし、手で細かく割く。
2 混ぜる
ボウルに1、じゃこを入れて薄力粉と塩を加え、まんべんなくまぶす。冷水を加えてさっと混ぜ、具材同士がくっつく程度に粘り気を出す。
3 揚げる
フライパンに約1cm高さになるように揚げ油を入れて低温(160℃)に熱する。箸で2を取って油の中にそっと入れ、じっくりと両面に揚げ色がつくまで揚げる。

Point

  • 小麦粉に味をつけておく

    食べる際に醤油や塩をつけなくてもいいよう、小麦粉に塩を混ぜてから食材にまぶす。味をつけておくとお弁当のおかずとしても活用しやすく便利。

  • 油にそっと入れる

    小麦粉をまぶした野菜を箸でつかみ、揚げ油にそっと入れる。周りが固まってきたら箸を離す。具が離れてしまうので、あまりいじらないように。

副菜 memo

手がかからない煮物を

ひと手間かかる揚げ物には、食材を火にかけておくだけで作れる煮物がおすすめ。主菜に使ってない醤油を使った煮物なら、味のバランスがとれて箸がすすむ。