今日の晩ごはん

イワシの大葉と和からしフライ

調理時間
25分

まろやかな味わいがやみつきに

たっぷり和からしを塗っても、揚げると辛味はほのかに、風味は豊かに仕上がる。まろやかな味わいと大葉の爽やかさは、ご飯にもお酒にもマッチ。サクッとした歯応えが食欲をそそる。

材料 ( 2人分 | 2枚分 )

  • イワシ(20㎝ぐらい) …2尾
  • 塩、酒 …適量
  • 和からし(粉末をぬるま湯で練ったもの) …大さじ2
  • 大葉 …2枚
<A>
  • 薄力粉 …20g
  • 溶き卵 …1/2個
  • 水 …大さじ2(30cc)
  • パン粉 …適量
  • 揚げ油 …適量
  • レモン(くし切り) …1個
  • ソース …適量

作り方

1 下ごしらえ
イワシはうろこ、頭、内蔵を取り除いて水洗いする。中骨を外しながら手開きにして、腹骨も取る。キッチンペーパーなどでしっかり水分を取り、塩と酒をふっておく。
2 からしを塗る
1の開いたイワシの身側に、和からしを半量ずつ塗り、大葉をそれぞれ1枚貼りつける。
3 衣をつける
ボウルでAをしっかり混ぜ合わせ、2のイワシをくぐらせて、パン粉をつける。
4 揚げる
フライパンに油を入れて180度に熱し、両面を返しながらカラッと揚げる。皿に盛り、レモン、ソースを添える。

Point

  • 和からしはたっぷり使う

    和からしはたっぷりイワシに塗る。揚げるとツンとした辛味はほどよく抜けて風味だけ残る。

  • 「少しの揚げ物は、フライパンを使うと作りやすいです」と三田さん。特に開いたイワシは、浅くて面積の広いフライパンが好都合。油の量も少なくてすむのが嬉しい。

副菜 memo

フライには王道の副菜を

フライにはやはりキャベツの千切りやポテトサラダが、好相性。王道の副菜を添えて、メインのフライを存分に楽しんで。シャキシャキのレタスの千切りなどを添えても夏らしい。