今日の晩ごはん

きんぴら入り里芋揚げだんご

調理時間
40分

きんぴらを合わせて親しみのある味に

外はふわっと、中はねっとりとした食感が魅力。あらかじめ火が通っているので失敗知らず。タネは冷蔵庫で一度冷やすとまとまりやすくなります。

材料 ( 2人分 )

きんぴらごぼう
  • ゴボウ …1本(170g)
  • ニンジン …2/3本
  • 豚挽肉(モモ) …60g
  • ごま油 …大さじ1
A
  • 同割ダレ(醤油、酒、みりんを同量で合わせたもの) …大さじ4
  • 水 …大さじ1
  • 里芋 …5個(400g)
  • 長ねぎ …10cm
  • 塩 …1~2つまみ
  • ごま油 …適量
  • 片栗粉 …適量
  • 揚げ油 …適量

作り方

1 きんぴらごぼうを作る
ゴボウはささがきにする。ニンジンはゴボウに合わせて薄切りにする。フライパンにごま油を熱し、ゴボウをさっと炒め、油が回ったらニンジンを加えて炒める。豚ひき肉を加えてほぐしながら炒め、Aを回し入れる。汁気がほとんど無くなるまで炒め合わせる。
2 里芋を蒸す
里芋は洗って泥を落とし、柔らかくなるまでゆでるか蒸す。皮を剥き、ボウルに入れてマッシャーかフォークで潰す。長ねぎは小口切りにしてボウルに加える。
3 種を作る
2に1を1カップ、ショウガ、塩を入れて混ぜ合わせる。バットに平らにならし、冷蔵庫で約30分冷やす。
4 成形する
12等分にしてごま油をつけた手で丸める。全体に片栗粉をまぶす。
5 揚げる
揚げ油を180℃(中温)に熱し、4を入れる。表面のところどころが色づいてくるまで揚げる。

Point

  • 里芋ときんぴらごぼうを合わせる

    ねっとりとした里芋に小気味よいきんぴらの食感と甘じょっぱい味がアクセントに。混ぜ合わせやすいようゴボウはささがきにするのがポイント。

  • 片栗粉をまんべんなくまぶす

    バットに片栗粉を入れ、その中でだんごを転がすようにして片栗粉をまぶしつける。ごま油をつけた手で成形すると粉がつきやすく、風味もよくなる。

副菜 memo

手がかからない副菜を

揚げ物には、さっぱりとした身体にやさしい味のおかずが好相性。レタスとしいたけの煮びたしなど、さっとできるものを添えて。レタスは後から加えてシャキっとした食感を残すと◎。