今日の晩ごはん

五目きんぴら

調理時間
20分(乾物類を戻す時間は除く)

シンプルに作る王道和食レシピ

ニンジン、ゴボウ、切干大根、大豆、しいたけと栄養満点の食材を使ったきんぴら。冷蔵庫に余った食材を加えて作っても美味しい。

材料 ( 2人分 )

  • ゴボウ …1/2本
  • レンコン …小1個
  • ニンジン …1/2本
  • 切干大根 …15~20g
  • 芽ひじき …8~10g
  • 水煮大豆 …120g
<A>
  • 醤油 …大さじ4
  • きび砂糖 …大さじ2
  • みりん …大さじ2
  • 日本酒 …大さじ1
  • 白ごま油 …適量
  • 塩 …少々

作り方

1 下ごしらえ
ゴボウは太さを半分に切り斜め薄切りに、ニンジンとレンコンは薄めのいちょう切りにする。乾物類はそれぞれ水に浸けて戻しておく。*切干大根の戻し汁100ccをとっておく。Aはすべて合わせておく。※調味料は多目に作っておくと色々と使えて便利。
2 炒める
フライパンに油少々を熱し1のゴボウを炒める。塩ひとつまみを振り、じっくりと炒めたら、残りの材料も加えてまんべんなく混ぜながらじっくり炒め1の切干し大根の戻し汁を回しかける。合わせておいたAを大さじ4~5加え水分がなくなるまで煮含ませていく。
3 仕上げる
器に盛り付け、ごまを振る。

Point

  • 冷蔵庫にある食材をプラスしても

    レシピの食材をすべて使わずに、冷蔵庫にある食材やお麩を砕いていれても美味しく作れる。

  • 最初にゴボウをしっかり炒める

    フライパンに油をしき、ゴボウをしっかり炒めると泥臭さがなくなり美味しさがアップする。

  • 調味料はお好みで調整して比率を決めておくと、味のバラつきがなく美味しく仕上がる。それぞれの好みに合わせたりの調整もしやすくなる。

副菜 memo

焼き魚や干物を合わせて和食を味わう晩ごはんに

メインが和食の定番ともいえるものなので、焼き魚や干物を添えて和定食のような晩ごはんにするのもおすすめ。彩りがさみしいなと思ったらダシ巻き卵をプラスしてみましょう。