今日の晩ごはん

桃とバジルのカッペリーニ風そうめん

調理時間
15分

桃とそうめんの新鮮な出会い

カッペリーニのかわりにそうめんを使えば、よそゆきのおかずがいつでも食べたいときに作れるメニューに。桃の甘みにバジルの香りが溶け合います。桃は大きめに切って存在感を出して。

材料 ( 2人分 )

  • そうめん …4束
  • 桃 …1個
  • レモン汁 …1/2個分
<A>
  • バジル …1/2パック
  • 塩 …小さじ1/4
  • オリーブ油 …大さじ1
  • 松の実 …適宜

作り方

1 下ごしらえをする
桃1個を2~3個だけくし形に切り、残りは細かく角切りにする。バットなどに入れレモン汁をかける。
2 ソースを作る
<A>と、1の残ったレモン汁をブレンダーまたはフードプロセッサーで撹拌する。混ぜ合わせたら、細かく切った桃を加える。
3 そうめんをゆでる
そうめんを袋の表示通りにゆで、氷水でよく締める。よく水気を切る。
4 仕上げる
3に2を和え、くし形切りにした桃、好みで松の実を添える。

Point

  • 桃にレモン汁をかける

    桃はデリケートな果物。切ったそばからすぐに変色してしまうので、レモン汁をかけて変色を防ぐ。残ったレモン汁はソースに使うので捨てずにとっておく。

  • カッペリーニ(極細パスタ)ではなくそうめんを使い、身近な料理に。オリーブ油を和えるだけで、冷製パスタ風に仕上がるから不思議。めんつゆで食べ飽きてしまったらぜひ試してみて。

副菜 memo

焼き魚でタンパク質を
プラス

カリッと焼いた白身魚の切り身を添えて、タンパク質をチャージ。すべて軟らかい食材でまとめた主菜に、魚の皮の食感がアクセントに。塩やスパイスをまぶして焼くと味にメリハリがついて◎。