今日の晩ごはん

照り焼きカボチャチキン

調理時間
25分

甘辛の味つけがたまらない

旬のほくほくとした栗カボチャと、ぷりっとした食感の鶏肉を甘辛ソースを絡めた、寒い季節に嬉しい一品。ご飯との相性抜群!

材料 ( 4人分 )

  • 鶏もも肉 …2枚
  • 栗カボチャ …1/6個分
  • 塩 …少々
  • 酒 …80cc
  • みりん …80cc
  • 醤油 …40cc
  • 砂糖 …大さじ3
  • 白炒りごま …適量
  • 揚げ油 …適量
  • サラダ油 …大さじ1/2

作り方

1 下ごしらえ
肉は一口大に切る。塩を振り熱したフライパンに油をしき皮目から焼く。焼き色がついたらひっくり返す。
2 煮る
表面が色づいたら酒・みりん・砂糖を加え煮る。(水分がなくなってきたら水を足して、火を通す。)
3 煮詰める
肉に火が通ったら醤油を加え煮つめる。
4 仕上げる
1cm厚の一口大に切ってあらかじめ素揚げしたかぼちゃを<3>に加えて絡める。

Point

  • 鶏肉は焼いてから煮込む

    鶏肉は皮目から焼いておき、ソースを絡める時は弱火にして炒め絡めるように全体に馴染ませる。

  • 栗カボチャは、ほくほくとした甘みが特徴の食材。稲垣さんのお子さんも大好物で、毎年旬を迎えると晩ごはんによく登場する。水分が少なく、揚げても煮崩れない。

副菜 memo

彩り豊かなサラダを添える

メインはご飯が進むようなしっかりとした味わいなので、副菜には、切ったトマトに塩を振ってさっぱり仕上げたサラダやフルーツを添えて彩り豊かなものを添えるのがおすすめ。