今日の晩ごはん

イカと菜の花の焦がしバターソテー

調理時間
20分

焦がしバターの香ばしさが味の要

焦がすことで香りが格段にアップしたバターをまとったイカと、菜の花が口の中で合わさり至福の美味しさ。春の訪れを感じさせる菜の花の苦みが心地良い。

材料 ( 2人分 )

  • イカ …1杯
  • 菜の花 …6~7本
  • ミニトマト …4個
  • ニンニク …1/2片
  • バター …20g
  • ケッパー …大さじ1
  • 醤油 …小さじ1/3
  • 白ワイン …大さじ1
  • 塩、黒こしょう …各少々
  • レモン …適宜

作り方

1 下ごしらえする
イカは内臓、軟骨を抜いて胴、耳、足に分ける。胴と耳は皮をむいてよく洗う。菜の花は根元を切り落として洗い、水に放つ。シャキッとさせて、水気をよく切る。ミニトマトはヘタを取って横半分に切る。
2 菜の花を炒める
フライパンにバター15gを入れて中火にかける。バターが溶けたらニンニク、菜の花を入れて塩、こしょうを振り、香ばしく焼きつけていったん取り出す。
3 イカを加える
残りのバターを加える。溶けたらイカを入れてさっと炒め、ミニトマト、ケッパー、醤油、白ワインを加えて炒め合わせる。
4 仕上げる
器に盛ってこしょうを振り、好みでレモンを絞る。

Point

  • バターをじっくりと加熱する

    バターを加熱し、ふつふつと沸いてきた泡がややひいてきたタイミングでニンニク、菜の花を加える。

  • 酸味のあるケッパーとレモンを加えると、さっと炒めるだけのお手軽な料理の味にぐっと深みが出る。焦がしバターの芳醇な風味と、菜の花のキリっとした苦みが引き立つ効果も。

副菜 memo

苦みのある食材を異なる調理法で

苦みのあるクレソンのサラダを合わせて、菜の花との苦みの違いを楽しむ献立を。主菜は焦がしバターのこっくりとした味わいなのでサラダはレモン、塩、こしょうでシンプルにして、お互いの魅力を引き出して。