今日の晩ごはん

サバの竜田揚げ トマト酢タレ絡め

調理時間
30分

複雑な酸味がサバの旨味を引き立てる

黒酢、バルサミコ酢、トマトの酸味が、サバの臭みをさっぱりと仕上げてくれる。野菜がたっぷり入ったタレをかければ、栄養価もアップし、見た目も華やかに。

材料 ( 4人分 )

  • サバ(切り身でも可) …1尾分
  • 長ねぎ …1本
  • プチトマト …8~10個
  • しめじ …1/2パック
  • 塩 …小さじ1/2
  • 白こしょう …適宜
  • 片栗粉 …適宜
  • 揚げ油 …適宜
  • 太白ごま油(サラダ油でも可) …大さじ1
  • 醤油 …大さじ2
  • バルサミコ酢 …大さじ2
  • 黒酢 …大さじ2
  • 砂糖 …大さじ1

作り方

1 野菜を下ごしらえする
長ねぎは斜め薄切りに、プチトマトは横に半分に、しめじは小房に分けておく。
2 サバを下ごしらえする
サバは3枚におろして腹骨を取り、中骨を骨抜きで取って、2cm幅に切る。切り身なら食べやすい大きさに切る。
3 サバを揚げる
2のサバに塩、こしょうを振って片栗粉をつけ、170度の揚げ油で2、3分揚げる。
4 タレの野菜に火を通す
フライパンに太白ごま油を敷いて、長ねぎ、しめじの順で炒め、醤油、バルサミコ酢、黒酢、砂糖を加えてさっと沸かし、プチトマトを最後に加える。
5 盛り付ける
3のサバを器に盛り付け、4のタレを上からかける。

Point

  • トマトは最後に炒める

    工程4でタレの野菜を炒める際は、長ねぎ、しめじを炒めてからトマトを加える。トマトの水分が出すぎ、タレが水っぽくなることを防げる。

  • 野菜のタレに、トマトを入れる。サバは脂が重くなりがちなので、トマトを入れることで、さっぱりと食べやすくなる。黒酢、バルサミコ酢の酸味とも合わさり、複雑な美味しさが出る。

副菜 memo

優しい風味のごま和えとともに

メインに力強い酸味があるので、サイドメニューには優しい味わいの青菜のごま和えなどがぴったり。タレは白いご飯によく合うので、副菜の他、ご飯と具だくさんの味噌汁を合わせれば、豪華な献立が完成!