今日の晩ごはん

枝豆と生ハムコロッケ

調理時間
30分

生ハムを使うのがポイント

ホクホクとしたジャガイモの中に、プリッとした枝豆の食感を楽しめるコロッケ。生ハムを使うことで旨味のある塩気が利き、挽肉を炒める手間も省けるのが嬉しい。

材料 ( 作りやすい分量 )

  • ジャガイモ …5個
  • 枝豆(ゆでた豆のみで) …80g
  • 生ハム …3~4枚
  • こしょう …適量
  • 塩 …少々
  • 小麦粉 …適量
  • パン粉 …適量

作り方

1 ジャガイモをゆでる
ジャガイモはよく洗って汚れを落とし、たっぷりの水を入れた鍋で皮のまま強火でゆでる。沸騰したら弱火にし、ジャガイモに串を刺してすっと通るくらいになったら、ザルにあけて水気と粗熱をとる。冷めたら手で皮をむき、芽を包丁で取り、ざっと潰しておく。
2 枝豆をゆでる 
枝豆を洗って塩もみをしてから熱湯に入れ、火を通したらザルにあけて粗熱をとり、さやから豆を出す。生ハムは食べやすい大きさにちぎる。
3 味を調える
1に2を入れ、こしょうを加え、よく混ぜて味見をする。塩気が足りない場合は、塩少々を加えてさらに混ぜる。
4 成形する
3を好みの形に成形し、水で溶いた小麦粉にくぐらせてから、パン粉をしっかり付ける。
5 揚げる
中温の揚げ油で4をからりと揚げ、油をきってからお皿に盛り付ける。

Point

  • 具にしっかり下味をつける

    具には生ハムと塩、こしょうで比較的しっかりと味を付けておくと、少量のソースで満足でき、より素材の風味を感じながら味わえる。

  • コロッケは一度にたくさん揚げておき、翌日の朝はコロッケサンドにする。前の晩に揚げておいたコロッケは、トースターにアルミホイルをひいて温め直し、お好みでソースをかけ、カリッとトーストしたパンにサンドして食べる。

副菜 memo

箸休めになるさっぱりとしたものを

食べ応えのあるコロッケには塩もみキャベツやミニトマトなど、さっぱりとした生野菜を添えると箸休めになる。あとは味噌汁とご飯があれば満足感の高い夕飯に。今回添えたのはゆでブロッコリーとコリンキー。