今日の晩ごはん

豚リブと根菜の煮込み

調理時間
40分

豚肉を大胆に入れた豪華煮込み

昆布と肉の両方から出るダシが絶妙。地味になりがちな煮物に骨付き肉を入れるだけでひと味もふた味も違う仕上がりに。入れる野菜は日によって種類を替えても楽しい。

材料 ( 2人分 )

  • 豚スペアリブ …4本
  • ニンジン …1/2本
  • 大根 …3cm
  • ゴボウ …1/2本
  • レンコン …150g
  • 長芋 …80g
  • 香菜 …適宜
  • 昆布(30×4cm) …1枚
  • 醤油 …大さじ1
  • 塩、黒こしょう …各適宜

作り方

1 昆布を結ぶ
昆布は水につけて戻し、結ぶ。戻し汁は捨てずにとっておく。
2 スペアリブを煮る
スペアリブは鍋に入れてひたひたの水を加えて5分ゆで、ざるにあげる(煮こぼす)。
3 野菜を切る
ニンジン、大根は角切りに、ゴボウはよく洗い皮のまま3cm長さに切る。レンコンは輪切りに、長芋は一口大に切る。
4 肉を煮込む
1の戻し汁と水を合わせて全部で5カップになるようにする。それを鍋に入れて煮立て、2を入れてアクをとりながら蓋をして弱火で15分煮込む。
5 仕上げる
4に3を加えて、さらに20分煮込む。醤油、塩、こしょうで味を調え、好みで香菜をのせる。

Point

  • 昆布を結ぶ

    水で戻した長いままの昆布の端と端を結ぶ。結び目から数㎝のところで切って、再度結ぶ。(30㎝長さの昆布で3つほど結び目をつくる)

  • ソーキ汁風に仕立てた具だくさんの煮込みには、たっぷりの香菜をのせると風味が増す。口の中をさっぱりとさせてくれる効果もあるので骨付き肉と一緒にどうぞ。

副菜 memo

じゃこごはん

お肉も野菜もたっぷり入った煮込みには副菜ではなく、混ぜご飯一つで十分。ごま油で炒めたじゃこ、白ごま、大根の葉(塩か醤油味で)を混ぜたごはんがおすすめ。