今日の晩ごはん

りゅうきゅう丼

調理時間
10分

お茶漬けにしても美味しい、青魚のヅケ

“りゅうきゅう”とは、新鮮な青魚をごまを加えた漬け汁に浸したもの(=ヅケ)。それを丼にしたものがこれ。りゅうきゅうという名前だが、大分県の郷土料理。漁師めしがルーツと言われている。

材料 ( 2人分 )

  • サバ、アジなどの青魚(刺身用) …150g
  • 大葉 …2~3枚
  • ミョウガ …1個
  • 万能ねぎ …約3本
<A>
  • 炒りごま(白) …大さじ1/2
  • ショウガ(すりおろし) …1/2片分
  • 醤油 …大さじ2
  • 酒 …大さじ2
  • みりん …大さじ1
  • 温かいご飯 …適量
  • 刻み海苔 …適量
  • 卵黄 …適宜

作り方

1 青魚と薬味を下ごしらえする
青魚は7~8mmの薄切りにする。大葉とミョウガは千切りに、万能ねぎは小口切りにする。
2 ヅケを作る
ボウルに<A>と万能ねぎ以外の1を入れ、よく混ぜる。
3 丼に盛る
丼にご飯を盛って刻み海苔をのせ、2を盛る。
4 ねぎをのせて仕上げる
万能ねぎをたっぷりのせる。好みで卵黄をのせても。

Point

  • ミョウガも加えて薬味たっぷりに!

    ミョウガも加えて薬味たっぷりに仕上げる。万能ねぎもどっさりのせ、薬味のシャキシャキとした食感も楽しむ。

  • りゅうきゅうは多めに作る。翌日、調味料がなじんでしっかりした味になったら、熱々のお茶か、ダシをかけてお茶漬けにする。お茶やダシは魚に直接かかるように注ぐと、魚の旨味が出る。

副菜 memo

メインが冷たい丼なので、副菜には温かいものを!

普段から冷蔵庫にある豆腐と卵を使って作れる、 豆腐の卵とじなど、温かい副菜がおすすめ。ダシ、酒、みりん、醤油などで豆腐を煮て、卵でとじるだけ。揚げ玉を加えると、コクが増して美味しくなる。