今日の晩ごはん

レタスと挽肉の生春巻き

調理時間
20分

夏らしいさっぱりとした旨味

甘辛く炒めた挽肉に旨味が凝縮され、タレがなくても美味しくいただける。大葉やレタスなどの野菜がさっぱりとして、暑い日の晩ごはんにぴったり! ニラの風味がアクセントに。

材料 ( 4本分 )

  • 合挽肉 …100g
  • サラダ油 …適量
  • ショウガ(みじん切り) …小さじ1
  • 酒 …小さじ1/2
  • きび糖 …小さじ1/2
  • 醤油 …小さじ1
  • みりん …小さじ1/2
  • 生春巻きの皮 …4枚
  • 大葉 …4枚
  • レタス …2枚
  • キュウリ(千切り) …1/2本
  • ニラ(10㎝に切ったもの) …12本
  • ライム(くし切り) …1個

作り方

1 挽肉を炒める
フライパンに油、みじん切りにしたショウガを入れ、中火にかける。香りが立ってきたら、挽肉を入れ、8割程度火が通ったら、酒、きび糖、醤油、みりんを加え、水分がなくなるまで炒める。バットなどにあけ、粗熱を取っておく。
2 皮を水で戻す
水に濡らして固くしぼった布巾をまな板の上に敷いておく。大きめのボウルに水を張り、生春巻きの皮を5秒ほど水にくぐらせたら布巾の上に広げる。
3 巻く
2で広げた皮の手前から1/3ぐらいのところに、大葉(裏向き)、適当な大きさにちぎったレタス、1の1/4量の挽肉、1/4量のキュウリ、ニラ3本をのせ、手前から包む。皿に盛り、ライムを添える。

Point

  • 皮は水に浸しすぎない

    生春巻きの皮は、水の浸しすぎに注意。全体をさっと5秒だけ水にくぐらせ、すぐに取り出そう。

  • 最初にギュッと包む

    皮に具を包む時は、はじめのひと巻きでギュッときつめに包み込む。崩れにくくきれいに仕上がる。

  • 具材の挽肉にしっかりと甘辛い味を付けているので、つけダレがなくても十分味わい深い。作り方も食べ方も簡単なので、忙しい時の晩ごはんやおもてなしにもおすすめ。

副菜 memo

大根とニンジンのなます

メインのさっぱりとした旨味を生かす、なますなどの小鉢を添えたい。大根とニンジンのなますは、豆板醤をごく少量プラスすればほんのりピリ辛でひと味違った美味しさに。