今日の晩ごはん

塩麹鮭の混ぜごはん

調理時間
20分(鮭を漬け込む時間を除く)

ちらし寿司のように華やかなひと皿

塩麹に漬けた鮭に、野沢菜やいぶりがっこなど、歯ごたえを楽しめる漬物を混ぜたごはん。子ども用には、きなこを少し加えて、プチおにぎりを作ると食べやすい。

材料 ( 作りやすい量 )

  • 鮭 …2切れ
  • 塩麹 …大さじ2
  • 野沢菜漬け …50g
  • いぶりがっこ(たくあんでも可) …30g
  • 白すりごま …大さじ1
  • 刻みのり …適量
  • 大葉 …3枚
  • ごはん …茶碗3杯分
  • きなこ(子ども用で) …適量

作り方

1 鮭を塩麹に漬け込む
鮭と塩麹を密閉袋に入れて、ひと晩冷蔵庫に漬ける。
2 鮭を焼く
1の鮭を魚焼きグリルで焼き、皮と骨を取り除いて身をほぐす。
3 混ぜごはんを作る
ボウルにごはん、ほぐした鮭、刻んだ野沢菜漬けといぶりがっこ、白すりごまを混ぜ合わせる。
4 盛り付ける
器に3の混ぜごはんを盛りつけ、刻みのりと刻んだ大葉をトッピングする。
5 子供用のおにぎりを作る
子ども用のプチおにぎりは、でき上がった混ぜごはんに、きなこを小さじ1ほど加えて小さめににぎる。

Point

  • 鮭を塩麹に漬けてひと晩

    鮭に塩麹をまぶしたら、冷蔵庫でひと晩置く。塩麹に漬けてから焼くことで、ほどよい塩分のまろやかな味わいに

  • 漬け物で塩分&食感をプラス

    焼いた鮭はほぐし、野沢菜漬けやいぶりがっこと一緒に混ぜ込む。この漬物の歯ごたえが、おいしさのポイント

  • 子ども用のプチおにぎりにきなこを入れると香ばしい風味が加わって美味しい。大人の混ぜごはんにも、お好みで少々振りかけると、また違った味わいが楽しめる。

副菜 memo

明太チーズオムレツなど、卵との相性◎

ちらし寿司風なので、卵焼きを副菜に。普通の甘い卵焼きでもいいが、ほぐした明太子にチーズとねぎを加えたオムレツがよく合う。翌日はお弁当のおかずにしても