今日の晩ごはん

アサリとクレソンの鍋

調理時間
30分

ダシ汁いらずの洋風鍋

ほんのり甘いキャベツに、爽やかな苦みのあるクレソンの組み合わせが絶妙。ダシ汁を使わなくても、アサリの煮汁にバターが溶け込んで豊かな風味に。

材料 ( 2人分 )

  • アサリ(砂抜き済みのもの) …400〜500g
  • クレソン …2束
  • キャベツ …1/2個
  • しいたけ …6個
  • 豆腐(小) …1丁
  • タラ …2切れ
  • 酒 …大さじ5
  • 水 …600ml
  • 醤油 …大さじ1
  • バター …20g

作り方

1 アサリを準備する
アサリはよく洗ってすすいで水を切る。鍋にアサリ、酒を入れて蓋をし、中火にかける。アサリが開きはじめたら蓋を取り、開いたものからアサリを一度取り出す。残った汁を土鍋に入れる。
2 食材を切る
クレソンは水につけてシャキっとさせてから根元を切り落とす。キャベツはひと口大のざく切りにし、しいたけは4等分になるよう十字に切る。豆腐はひと口大に切る。タラはひと口大に切ってザルに入れ、上から熱湯をかける。
3 煮る
土鍋に水、キャベツを加えて蓋をして煮る。キャベツがしんなりしきたら空いたスペースにしいたけを入れて煮る。豆腐、タラ、醤油、バターを足して軽く火を通す。味見をして足りなければ塩少々(分量外)で味をととのえる。
4 仕上げる
最後に火を止めて1のアサリとクレソンを加え、蓋をしてクレソンがしんなりしたらいただく。

Point

  • タラを霜降りにする

    タラはザルに入れて上から熱湯をかける(霜降りにする)。脂や血合いを熱湯で落として、臭みを取る。鍋料理など素材そのものの味を楽しむ料理のときには必須となる下処理方法。

副菜 memo

〆にはごはんを

あさりの煮汁がベースになっているので、〆にはごはんを加えるとリゾット風に仕上がって美味。仕上げに粉チーズを散らすとコクが深まり、ワインなどにも合うおかずに。

kurashiのマナビ舎vol.03 がま口ポーチ講座
アンケートに答えると特別価格で参加のチャンス!尾田衣子さんの料理教室~GLOBALとGLOBAL-ISTを切り比べられます!~
カレーもおこわもワイン煮も!甘さを活かしたサツマイモレシピ