今日の晩ごはん

新玉ねぎの牛丼

調理時間
20分

“シンプルイズベスト”の美味しい牛丼

ダシや砂糖を使わない、すっきり美味しい牛丼。牛肉をサッと湯がいてアクを取るひと手間が、肉の旨味をストレートに引き出すコツ! 新玉ねぎの甘みと食感がアクセントに。

材料 ( 2人分 )

  • 牛薄切り肉(切り落としでもよい) …200g
  • 新玉ねぎ …1/2個
  • みりん …大さじ3
  • 酒 …大さじ2
  • 醤油 …大さじ1.5

作り方

1 下ごしらえをする
新玉ねぎは大きめのくし切りにする。鍋に水を入れて沸騰させ火を止めてから牛肉を入れ、さっと火を通したらザルにあげる。
2 煮る
鍋に酒、みりんを入れ、火にかけてアルコールを飛ばし醤油を加える。次に玉ねぎを加えさっと煮る。玉ねぎが少ししんなりしたら、牛肉を加え、煮汁が残る程度に煮る。
3 仕上げる
器にご飯(分量外)を盛り、その上に2を盛る。

Point

  • 牛肉は湯がいてアクを取る

    鍋に湯を沸かし、沸騰したら火を止める。牛肉を入れて色が変わったらすぐにザルに上げる。このひと手間でアクが取れ、クリアな味になる

  • 最初に酒とみりんを入れ、アルコールを飛ばす

    酒とみりんを先にフライパンに入れたら、強火にしてフライパンを傾け点火させ、炎でアルコールを一気に飛ばす。これにより旨味だけが残る。

  • 「ダシや砂糖を使って作ると味がぼやけてしまうので、醤油、みりん、酒のみでごはんになじむしっかり味にします」と佐藤さん。牛肉は切り落とし肉など手頃なものでOKだが、調味料は素材の良いものを使うのがベスト。

副菜 memo

味噌汁とセロリの漬け物を添えて

牛丼にはやはり味噌汁と漬物が一番合う。佐藤さんおすすめの漬物はセロリ! 皮を剥き塩をして数分置いたら、セロリから出た水を捨て、ごま油を和えて完成。爽やかでやみつきになる味。