今日の晩ごはん

豚肉の梅煮

調理時間
30分

夏にぴったりのさっぱり煮

味が染み込んだ軟らかい豚肉はご飯にぴったり。一緒に煮込んだ梅干しを崩して合わせれば、夏らしいさっぱりとした味わいに。お酒のおつまみとしても重宝しそう。

材料 ( 4人分 )

  • 豚肩ロースブロック …800g
  • 塩 …小さじ1
  • 長ねぎ …1/2本
  • ショウガ …薄切り4枚
[煮汁]
  • 茹で汁 …3/4カップ
<A>
  • 醤油 …大さじ4
  • 酒 …大さじ4
  • 砂糖 …大さじ5
  • 梅干し …6個
  • ニンニク …2片
  • チンゲンサイ …1ワ

作り方

1 肉の下ごしらえ
豚肉は余分な脂身を取り除き、12等分して塩をすり込む。
2 アクをとる
圧力鍋に水(分量外)と長ねぎとショウガを入れ、沸騰させる。豚肉を入れ、強火で煮てアクを取る。(※圧力鍋がない場合は普通の鍋でOK)
3 豚肉を煮込む
蓋をして圧力鍋を高圧にセットし、10分加圧する。火を止め、水をかけて急冷して圧力が完全に下がったら蓋を開ける。豚肉をボウルなどに一度取り出す。(※圧力鍋でない場合は軟らかくなるまでじっくり煮込む)
4 具材をすべて煮込む
3の鍋に分量の茹で汁、A、梅干しとニンニクを加え、豚肉を戻し入れる。高圧にセットし、5分加圧する。そのまま自然放置して、圧力が完全に下がったら蓋を開ける。
5 盛り付ける
茹でたチンゲンサイを添えて盛り付ける。

Point

  • 下茹での時にしっかりアクを取る

    鍋の蓋を閉める前に、しっかりとアクを取っておく。雑味がなく旨味たっぷりのスープに仕上がる。

  • 梅干はしっかり塩分のあるものを

    甘みが強い梅干しでは味の締まりがなく、美味しくできないので、しっかり塩分のある梅干しを。今回は塩分濃度10%のものを使用。

  • 下茹でして残った汁は、他の煮物やスープなどに活用。旨味が凝縮されているので、美味しい料理に生まれ変わる。付け合せのスープにしても、冷蔵庫で保存して翌日使ってもOK。

副菜 memo

残った茹で汁でもう一品

残った茹で汁を活用して、さっぱりとしたスープを作ってみては? メインを煮込んでいる間にさっとできるので効率的。夏には冬瓜とシイタケを具材にするなど、季節の食材を取り入れて楽しもう。