今日の晩ごはん

ズッキーニの卵丼

調理時間
15分

旬のズッキーニを卵でとじて食べやすく

ふわふわ卵に挽肉と野菜の風味をぜいたくに閉じ込めた口あたり優しい洋風丼。仕上げにふるオレガノの上品な香りがアクセント。

材料 ( 2人分 )

  • ズッキーニ …小1本
  • 玉ねぎ …小1/2個
  • 合挽肉 …60g
  • 卵 …1個
  • ご飯 …2膳分
  • オレガノ(ドライ) …少々
  • オリーブ油 …小さじ2
  • 塩、こしょう …各適量

作り方

1 下ごしらえをする
ズッキーニは皮のまま1cm角くらいに切る。玉ねぎはみじん切りにする。卵は割りほぐしておく。
2 炒める
フライパンに油を入れ、弱めの中火で熱し、1のズッキーニと玉ねぎを炒める。軟らかくなってきたら、挽肉を加えてさらに炒める。塩、こしょうで味を調える。
3 卵と炒め合わせる
2をフライパンの端によせ、溶き卵を入れて(足りないようなら油少々を足す)大きく混ぜ合わせた後、2の具材をあわせて軽く混ぜ合わせる。
4 仕上げる
ご飯の上に3をのせてオレガノをふる。

Point

  • 軟らかくなるまで火を通す

    細かく切ったズッキーニは固いままだと味がなじまないので、軟らかくなるまでしっかりと火を通す。歯ざわりがよくなり、ご飯とも好相性に。

  • 「サランゴージョ」というスペイン料理からヒントを得たレシピ。オレガノのほろ苦い風味が、あっさりとしたズッキーニに深みを与えてくれる。オレガノは手に入れやすいドライタイプを。

副菜 memo

さっぱりとした冷菜を

卵でふんわりと包んだ熱々の丼には、キリっと冷やしたトマトのマリネを。オリーブ油、酢、はちみつを加えたシンプルな味つけがおすすめ。ほんの少しの甘みが、全体の味をまとめてくれる。