今日の晩ごはん

アジの味噌ムニエル

調理時間
20分

下味は味噌だけでOK

「子どもが青背魚を食べてくれない」と悩んでいた山崎さんに、魚屋さんが教えてくれた下味の工夫。小麦粉に黒こしょうを合わせると、ピリっと味が引き締まります。

材料 ( 4人分 )

  • アジ …4尾
  • 味噌 …大さじ1と1/3
  • 小麦粉 …大さじ3
  • 黒こしょう …少々
  • オリーブ油 …大さじ1
  • キャベツ(千切り)、プチトマト、大葉 …各適宜

作り方

1 アジに下味をつける
アジは三枚におろす。ポリ袋にアジと味噌を入れてよくなじませてから、冷蔵庫で10分おく。
2 小麦粉をまぶす
小麦粉とこしょうを混ぜ、バットなどに広げ、1のアジにまぶす。※ついている味噌はぬぐわずにそのまま、小麦粉をまぶす。
3 焼く
フライパンに油を中弱火で熱し、アジの身側を下にして焼く。2分ほど焼いて焼き色がついたら上下を返して、皮目もしっかり焼き色がつくまで加熱する。皿に盛り、好みでキャベツ、プチトマト、大葉を添える。

Point

  • アジの身側から先に焼く

    中弱火で熱したフライパンにアジの身側を下にして焼く。切り身から水分が出にくくなり、衣はカリっと、中はしっとりと仕上がる。

  • アジに味噌をなじませると、青背魚特有の臭みがとれる上、簡単に下味がつく。山崎さんが魚屋さんに教えてもらったという、とっておきの方法。味に深みが増し、冷めても美味しい一品に。

副菜 memo

下味をつけている間に作れる汁ものを

アジに味噌をまぶしている間に仕込める汁ものがあれば、献立が華やぐ。酒蒸ししたアサリにダシを入れて作る、アサリのすまし汁がおすすめ。献立に一つ旬の食材を加えると、それだけでごちそうに。