今日の晩ごはん

焼きナスのダシ浸し 梅あんかけ

調理時間
30分(冷やす時間を除く)

梅と焼きナスで夏を味わう

ダシをたっぷり吸った焼きナスに、梅風味の冷たいそぼろあんをかけていただきます。梅あんとダシ、ミョウガの組み合わせは酸味が利いて、さっぱりと夏らしい味!食欲がない日でも食べやすいひと品。

材料 ( 4人分 )

  • ナス …4本
  • ミョウガ …1個
  • 梅干し …2個(大さじ2くらい)
<A>
  • ダシ …3/4カップ
  • 醤油 …小さじ2
  • みりん …小さじ2
<梅あん>
  • 鶏挽肉(むね) …100g
  • 酒 …大さじ 1
  • ダシ …1カップ

作り方

1 ナスに切り込みを入れる
ナスはガクのまわりに切り込みを入れ整える。ナス全体に、縦方向に浅く4〜5本の切り込みを入れる。先のほうからガクにむけ、竹串や箸を深く刺す。
2 下準備をする
ミョウガは縦半分にしてから薄切りにし、さっと水にさらす。梅干しはすべて叩く。(1/3は仕上げ、2/3は梅あんに混ぜ込む用)。<A>は混ぜておく。
3 ナスを焼く
ナスは焼き網で焼き、皮をむく。味が染みるよう、1〜2本縦に深く切り込みをいれてから<A>に浸けて冷蔵庫で冷やす。
4 梅あんをつくる
鶏挽肉と酒を鍋にいれ、箸4本で混ぜながら中火でぽろぽろにする。ダシを加え一煮立ちしたらアクを取って火を止め、叩いた梅の2/3を入れよく混ぜる。粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。
5 盛り付ける
ナスは食べやすく4等分に切り、梅あんをたっぷりかけ、叩いた梅の残り、ミョウガをあしらう。

Point

  • ナスに切り込みを入れて火通りを確認

    浅い切り込みと、ナスのお尻の方から竹串などを刺すことで、火通りを確認できる。火が通ると切り込みから水分が出たり、穴から蒸気が出る。浸し地に浸ける際には1〜2本深く切り込みを入れ味の染み込みをよくする。

  • 梅あんは片栗粉なしでOK

    梅あんは、冷蔵庫で冷やすととろみがつくので、片栗粉は入れなくてよい。白く固まった脂があれば、ある程度除いてからよく混ぜて盛り付ける。温製でいただくときには、片栗粉小さじ2〜3を、分量のだしの一部で溶いておき、仕上げに加えてとろみをつける。

副菜 memo

コクのあるアボカドが好相性!

梅を利かせたさっぱりとした料理なので、副菜にはアボカドを合わせたコクのあるひと品を添える。アボカドとミョウガ、柚子胡椒を和えたこっくりとした和え物がおすすめ。

料理家さんが教える! 炊き込みご飯のレシピ特集
毎日の料理をより美味しく、ヘルシーに! ワタナベマキさんに習う WMF「フュージョンテック ミネラル」を使ったお料理教室 イベントレポート