今日の晩ごはん

きのこたっぷり芋煮

調理時間
30分

優しい味わいで身体の中から温まる

秋の食材をたっぷり使った、具だくさんの芋煮。牛肉を炒める際に調味料と煮絡めることで、コクのある仕上がりに。甘めの優しい味わいに心も身体も温まる。

材料 ( 4人分 )

  • 里芋 …小10個
  • 牛肉 …300g
  • サラダ油 …大さじ2
  • 三温糖 …大さじ2
  • 酒 …大さじ2
  • 醤油 …小さじ2
  • 鰹ダシ …700ml
  • シメジ …150g
  • まいたけ …100g
  • しいたけ …4枚
  • 長ねぎ …1/2本
  • 七味唐辛子 …お好みで

作り方

1 里芋を下ゆでする
里芋は皮をむいて、塩をまぶして洗い、半分に切る。柔らかくなるまで下茹でする。
2 きのこを切る
シメジは小さい房に分け、しいたけは軸をとってスライスし、まいたけはほぐしておく。
3 材料を炒める
鍋に油を熱し、牛肉を入れてさっと炒める。砂糖、酒、醤油を加え水分が少なくなるまで煮絡める。鰹ダシを入れ、煮立ったらアクを取り、きのこ類を入れる。きのこに火が通ったら、里芋を入れ、5分ほど煮る。
4 仕上げ
斜め薄切りにした長ねぎを加え、ひと煮立ちしたら火をとめ、醤油(分量外)で味を調える。
5 盛り付ける
器にもって、好みで七味唐辛子を振る。

Point

  • 里芋は下茹でをしておくと煮崩れない

    里芋をあらかじめ下茹でしておくと、煮崩れを防ぎ、ほくほくの食感に仕上げることができる。

  • 調味料を加えてからしっかりと煮詰める

    芋煮は、牛肉を炒める段階で味付けをするのが黒川流。調味料を加えてからしっかりと煮絡めることでコクが生まれ、きのこや里芋の旨味もいっそう引き立つ。

副菜 memo

さっぱりとした和え物や漬物がよく合う

比較的甘めでコクのある味わいの料理なので、白和えやおひたし、漬物などさっぱりとした味の料理と好相性。今回のように厚揚げを添えてボリュームをプラスするのもおすすめ。

手島渚さんの「腸から身体をととのえる」女性の不調を改善するセルフ腸もみ講座 募集開始 料理家・真藤舞衣子 × fog linen work × Kurashi ワンピース、ローブ、作業着にも使えるリネンのかっぽう着「ホームドレス」9/20(木)11時より数量限定で再販開始! 基本から応用まで!今が旬の鮭レシピ