今日の晩ごはん

里芋とくるみの和風コロッケ

調理時間
50分

くるみのコクで満足度アップ

ほくほくの里芋に、甘酒入りのほんのり甘いソースが良く合う。粗みじんのくるみが入ることで、肉なしでも物足りなくならない。好みでクリームチーズを加えても美味。

材料 ( 2人分 )

  • 里芋6個 …(約280g)
  • 玉ねぎ(みじん切り) …中1/2個(60g)
  • 菜種油 …適量
  • くるみ …15g
  • 焼き麩 …7g
  • 大葉 …2枚
  • 塩、こしょう …少々
  • 薄力粉 …適量
  • 溶き卵 …1個分
  • パン粉(細目) …適量
<A>
  • 甘酒 …大さじ2
  • 味噌 …大さじ2
  • みりん …大さじ2

作り方

1 里芋の下ごしらえ
里芋は洗って、横半分に包丁で切れ目を入れる。熱したスキレットに里芋を皮ごと入れ、ふたをして15~20分ほど、竹串がすっと通るまで無水調理する。スキレットがない場合は、皮をむいて蒸し器で10分ほど、竹串がすっと通るまで蒸す。
2 その他の下ごしらえ
玉ねぎを油をひいたフライパンできつね色になるまで炒める。大葉は千切りにしておく。くるみは粗みじんにしておく。
3 甘酒味噌ソースを作る
<A>の材料を鍋に入れ、材料がなじむまでひと煮立ちさせる。
4 タネを作る
すり鉢に焼き麩を入れすりつぶし、1の皮をむいた里芋を熱いうちに加えてすりつぶし、玉ねぎ、塩、こしょう、刻んだ大葉とくるみを順に加え、6等分(1個約40g)に丸める。この時、手を濡らしながら丸めるとやりやすい。
5 揚げる
4の丸めた生地に薄力粉をまんべんなくまぶし、溶き玉子、パン粉をつけて、約180℃に熱した油で色よく揚げる。
6 仕上げる
器に3のソース、5のコロッケを順に盛り付ける。

Point

  • 里芋は無水調理する

    包丁でくるりと切れ目を入れ、スキレットで皮ごと無水調理する。皮がむきやすく、ビタミンCも逃げにくい。

  • 油は少なめで揚げる

    コロッケは片面ずつ揚げれば、油を節約できる。コロッケをまとめる時は、手を水で濡らすと上手にできる。

  • 初秋の里芋は水分が多いが、焼き麩をすり鉢で粉々にしてつなぎ代わりに加えると、コロッケが水っぽくならない。焼き麩は主張する味ではないので、里芋の美味しさを邪魔せず、上手にまとまる。

副菜 memo

コールスローサラダを

キャベツ、コーン、紫玉ねぎ、ニンジンでさっぱとしたコールスローを。味噌味のコロッケなので、汁物なら味噌汁ではなく、ねぎをたっぷり入れたシジミやアサリダシのすまし汁がおすすめ。