今日の晩ごはん

湯豆腐

調理時間
10分(昆布を浸ける時間は除く)

週の真ん中はほっと一息できる料理を

シンプルな料理ゆえ、豆腐の温め具合が肝心。土鍋でじっくりと火を入れて、湯の表面がゆれるほどで引き上げると絹豆腐の口当たりと、ふわりと香る柚子の香りを楽しめる。

材料 ( 2人分 )

  • 絹豆腐 …1丁
  • 水 …2カップ
  • 昆布 …4cm角
  • 大根(紅大根) …少量
  • レンコン …少量
  • 柚子の皮 …適量
  • いしるダシ又は醤油 …適量

作り方

1 下ごしらえをする
土鍋に昆布と水を入れ、30分ほどおく。豆腐は箸で約3~4cm角に切る。土鍋を火にかけて 沸騰寸前で昆布を取り出す。
2 豆腐をゆでる
大根、レンコンはすりおろして1に入れ、豆腐を加える。豆腐が芯まで温まり、湯の表面がゆらゆらとゆれたら火を止めます。※ぐつぐつと沸騰させないように注意する。
3 仕上げる
柚子の皮を少量そぎ、加える。いしるダシ又は醤油をつけていただく。

Point

  • 豆腐は箸で切る

    豆腐は先が細い箸ではさむようにして切るのがおすすめ。包丁を使わないので手軽に調理出来る。

  • 大根とレンコンは鬼おろしを使って粗めにすりおろす。通常の卸し金ですりおろしたものと比べると、繊維と水分が分離しないので水っぽくならない。また食感も楽しめる。

副菜 memo

昆布ダシを天つゆとして活用

山菜の天ぷらを、湯豆腐の汁(昆布ダシ)に醤油やダシを入れた自家製天つゆにつけていただくと美味しい。他には昆布ダシをうどんのつゆとして活用するというアイデアも。