今日の晩ごはん

チキンジャンバラヤ風プレート

調理時間
34分

具を鍋に入れて炊くだけの楽チンメニュー

具をまとめて鍋に入れて炊くだけ。カレー風味が食欲をそそそるジャンバラヤ風プレートの完成。鶏肉をシーフードに、野菜をセロリやパプリカに変えても◎。炊飯器でも美味しく仕上がる。

材料 ( 2〜3人分 )

  • 米 …2合
  • 鶏むね肉 …1枚
  • 塩 …小さじ1/2
  • ピーマン …2個
  • トマト …1個
A
  • 水 …350ml
  • カレー粉 …大さじ1
  • ウスターソース、醤油 …各大さじ1
  • レタス …2枚
  • キュウリ …1/2本
B
  • プレーンヨーグルト …大さじ4
  • 塩 …ふたつまみ
  • ニンニク …1/4片(すりおろし)
  • 黒コショウ …適量

作り方

1 下ごしらえをする
鶏肉は大きめのひと口大に切り塩をもみ込む。ピーマンは1.5cm角切り、トマトは粗みじん切りにする。米を研ぐ。
2 炊く
鍋に水気をきった米を入れ、鶏肉、ピーマンをのせる。混ぜ合わせたAを注ぎ入れ、強火にかける。しっかりと沸騰させて5分、弱火にして5分、火を止めて10分ほど蒸らす。
3 仕上げる
器に2を盛り、それぞれひと口大にちぎったレタス、ひねり割ったキュウリを添え、混ぜ合わせたBをかけ、コショウ、カレー粉少々(分量外)を振る。

Point

  • ヨーグルトソースでさっぱりと

    サラダにもジャンバラヤにも合うヨーグルトソースをかけるのが定番。さっぱりとしたソースは、飽きずに食が進むこと間違いなし。

副菜 memo

冷たいガスパチョは暑い日にぴったり

トマトジュースに刻んだキュウリやセロリなどを加えて、塩少々、タバスコ、オリーブオイルを加えた冷たいガスパチョがおすすめ。

サラサラ床で暮らしをもっと気持ち良く 床拭きロボット『Braava(ブラーバ)』を体験! 暑い日には“さっぱり”をプラス 爽やかさが決め手のレモンレシピ